フォト

おすすめブログ・サイト

Twitter

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月26日 (月)

山本七平の不思議3

 山本七平は自らの職業を出版業と見定めていてかたくなにそれを守ろうとしていました。「いままで、何か書いてくれっていわれても、絶対に引き受けなかったんです。・・・私の仕事じゃないからって。そういうことをやる気は全くありませんでした。」という氏の言葉は決しててらいではありませんでした。事実、『日本人とユダヤ人』をはじめ、山本七平名で書かれた本による利益は、山本書店が出版した聖書学関係の書物や論文集の出版費用にあてられていました。(「山本書店主・山本七平氏のこと」中沢洽樹 山本七平追悼文集所収)

 実は、私は大学生時代「自由主義研究会」というサークルに属していて、年に一度講演会を催していたのですが、1973年8月の講演会に山本七平氏に講師依頼をしたことがあります。そのときの返事に「私は自分の本職を出版業と考えておりますので、他のことは少しでも減らしたく・・・」とあり、「今、ギリシャ語と日本語の対訳版聖書の刊行(日本ではじめて)にかかっており・・・これが終わりましたら、少しは余裕もできるかと存じます。どうかこの間はご容赦下さい。」という内容のハガキをいただきました。

 そして、その文面には「もちろん私は、そういう場で話をさせていただくこと自体は、絶対に軽く考えておりますわけでなく」とあり、当時私は、この言葉を社交辞令的に受け取っていたのですが、先生が亡くなって後出版された『静かなる細き声』の次の文章を読んで、それは決して社交辞令の言葉ではなかったのだと知りました。

 「いま、協会から批判されている集団、たとえば神道連盟、自衛隊、天理教、統一協会等々といった団体、こういう団体から聖書の話を聞きたいと言われれば、私は喜んで出かけていく。天理市に泊まり込んで、天理教の本部の講堂で聖書とキリスト教について語ったこともあれば、神主さんの大会でも、聖書の話をした。また自衛隊でも統一教会でも、呼ばれれば、私は出かけていった。

 「誤解されるからやめた方が・・・」といわれることもある。だが私には、なぜそう言われるかが理解できない。いまの教会には、この人たちに招かれたらこう語りたいという、外部への『内心の伝道の言葉』をもう持っておらず、あるのは『内心の批判』だけなのであろうか。」

 おそらく、この言葉に山本七平を理解するためのカギが隠されているように思います。

  「戦争が終わった。言論の自由が来た。堰を切ったように軍部への批判がはじまった。しかし軍部への伝道ははじまらなかった。おそらく蓄積された『内心の伝道』がなかったのであろう。だがそれは他人事ではなく、私自身もその一人であった。批判の時代、一億総批評家の時代がきた。・・・だがそう言った批判は伝道ではない。

 批判とは外部から行うことであり、伝道とはその中に入って、その中の人のわかる言葉で語ることである。・・・相手を批判したところで、達成できることではない。・・・もちろん批判はできる。しかしそれは『内心の伝道』をもっていることでなく、時には逆に、相手と自分の間を遮断してしまうにすぎない。そして、そういう相手にタッチしないことが、なにやら自分の中に、清浄な信仰を保っていることの証拠であるかのように錯覚する。・・・そしてこの『内心の伝道』を失ったとき、それは個人としても宗教団体としても、その生命を失ったときであろうと私は思う。」

 山本七平はその評論においてキリスト教徒臭さをほとんど感じさせなかった、といわれています。それは、おそらく相手にわかる言葉で語ろうとした、そしてそれを語りうるようになるためにこそ、復員以降『日本人とユダヤ人』出版までの23年間の沈黙があったのではないかと思われます。この間、氏は、自分を苦しめた軍部、その中にいる人にわかる言葉で語るために、終戦直後は紙くず同然となった徳川時代の著作や文書、尊皇思想家の全集などを読み続けました。(『静かなる細き声』p118)

 「世の中のことはどうでもよい。世間にどんな思想が流行していようと、それは関係がない。私が関心を持っていることに、世の中もともに関心を持って欲しいとも思わない。まして、私がやっていることを認めてくれとか、評価してくれとかいった気持ちは全くなかった。」(同上p118)その彼が、『日本人とユダヤ人』以降、49才から69才でなくなるまでの20年間に、死後に出版されたものを含め単行本で60巻、共著で101巻、対談60巻、ベンダサン名の単行本5巻を出したのです。

 つい最近(2004・3)も、未刊だった「敗因21箇条」(1975.4~1976.4『野生時代』に連載)が『日本はなぜ敗れるのか』という書名で刊行され、また、2005年3月には、「ベンダサンの日本歴史」(1973・11から22回にわたって『諸君』に連載)が『山本七平の日本歴史』と題して刊行されました。

 後者の解説をされた谷沢栄一氏はこの30年ぶりに刊行された本について次のように語っています。
 「普通、すでに物故した著作者の遺稿が刊行されても、そのほとんどは余熱であり但し書きであり言い残しであるから、生前からの愛読者にとっては懐かしくはあるものの、ほとんどは聞き覚えのあるメロディーの再生であった。本好きの玄人ならめったに手を出さない。けれども本書はまったく違う。」

 「いつも温顔で小声のさわやかな七平は、しかし、肝のなかでは、明治以来の膨大な日本人論の全てをくつがえし、これこそまことの日本人なりと、万人を納得させるに足る紙碑を、ひそかに、しかしかっきりと、打ち立て遺すべしと決意していた筈である。彼の全著作をじっくり通覧してみれば、その意志その願望その決意がありありと見てとれる。世に筆を執る者のほとんどは、胸のなかに触れれば火傷する程の、灼熱した磊塊を蔵しているものですよ」(『山本七平の日本歴史』解説)

 谷沢氏らしい評だと思いますが、山本七平自身の感想はおそらく「すべては、用いられる時が来れば用いられるのであろう。人は黙ってその準備をしていればよいのであろう」(同上p119)ということではなかったかと思われます。それにしても不思議なことです。

2007年3月25日 (日)

小野田少尉に日章旗と白旗を

 小野田少尉の話が出てきたところで、その救出にあたって山本七平がどのような役割を果たしたかということについて紹介しておきます。
 まず、小野田少尉の終戦以降帰国までの経過をWIKIPEDIAに見ると次のようになっています。

 1945年8月を過ぎても任務解除の命令が届かなかった為、部下(赤津一等兵:1949年投降、島田庄一伍長:1954年5月7日戦死、小塚金七上等兵:1972年10月19日戦死)と共に戦闘を継続し、ルパング島が再び日本軍の指揮下に戻った時の為に密林に篭り、情報収集や諜報活動を続ける決意をする。その為、日本では1945年9月に戦死公報を出される。

1950年、フィリピン ミンダナオ島で日本軍敗残兵が投降した際、無為に島民に銃殺される事件が生じる。復員省では、日本軍将兵の無事帰国のため特別対策本部を設立する。

1951年、赤津勇一元一等兵が帰国する。残留兵の存在が明らかになるが、フィリピンの政情が不安定な為救出活動は行えず。

1954年、フィリピンの山岳部隊が日本兵と遭遇。島田庄一元伍長の遺体が確認される。これを受けフィリピン政府は残留兵捜索隊の入国を許可する。

1954年5月、1958年、1959年5~12月、赤津元一等兵等投降者の証書に基き援護局職員及び小野田元少尉と小塚元一等兵の家族、戦友によるルバング島の残留日本兵捜索が行われるが、未発見に終わる。

1972年1月、アメリカ領グアム島で横井庄一元伍長が発見される。日本兵の生き残りが今も各地に潜伏している事実が知られるようになる。

1972年10月19日、フィリピンのルバング島にて警察軍に日本兵(小塚金七上等兵)が射殺される。

1972年10月22日、23日、24日、25日、日本兵射殺事件を受け、援護局職員及び小野田元少尉と小塚元一等兵の家族、戦友が逐次ルパング島に赴く。遺体が小塚金七一等兵である事を確認する。小野田少尉の捜索が行われるが発見には至らず(後に元少尉は捜索隊の存在を認知しており、密林の中に兄の姿を見ていた事を告白している)。

1974年、一連の捜索活動に触発された日本の青年鈴木紀夫が現地を訪れ、2月20日に彼との接触に成功する。鈴木は日本が敗北した歴史や現代の状況を説明して帰国を促し、小野田も直属の上官の命令解除があれば、任務を離れる事を了承する。

3月9日に嘗ての上司である谷口義美元少佐から任務解除命令が下り、小野田にとっての戦争は終わった。翌3月10日にかけ、小野田は谷口元少佐にフィリピンの最新レーダー基地等の報告をする。小野田はフィリピン軍基地に着くとフィリピン軍司令官に軍刀を渡し、降伏意思を示した。この時、小野田は処刑される覚悟だったと言われる。フィリピン軍司令官は一旦受け取った軍刀をそのまま小野田に返した。司令官は小野田を「軍隊における忠誠の見本」と評した。こうして小野田は30年の戦いを終え、3月12日帰国を果たした。(以上WIKIPEDIA小野田義郎より)

 私は、昭和74年2月20日に青年冒険家の鈴木紀夫さんが、小野田少尉との接触に成功したとして、軍装し銃を持った鋭い眼光の小野田少尉の写真とともに新聞報道された時のことをいまでも鮮明に覚えています。このとき、彼は(1)戦闘状態が終わったとは信じ切れないでいるらしいこと(2)直属上官の指示がなければ出ないという意味のことを言った、と伝えられました。

 山本七平はこの情報は確度が高いといい、従来のような救出方法(「戦争は終わりました。出てきてください」と叫びながらジャングルの中を歩き回ったり、小野田氏のお兄さんが捜索に向かい、本人であることを知らせるため、旧制一高の寮歌を歌ったりして、彼らを信用させようとした)では絶対だめだとして、次のような考え方とその救出方法を提言しました。

 「未だに敗戦を信じないのはおかしい」という人がいれば、それはその人が国家間の戦闘状態の終結と、小部隊の戦闘状態の終結とを混同しているに過ぎない。小野田元少尉に関する限り、47年10月19日にジャパニーズヒルでフィリピン軍と銃撃戦?を行い、部下の小塚さんが戦死しているのだから、そのときもなお現実に戦闘状態であって、彼自身に関する限り、この状態に根本的な変化があったという確実な保証は、何一つ提示されていないのである。

 前にも述べたことだが、・・・”戦後神話”に基づく発想からする対策は一切無意味であり、やる方の一人よがりにすぎないことである。「天皇が直接語りかけたら」とか・・・いう発想がその一例であって、天皇が指揮系統を跳び越えて前線の一少尉に直接語りかけるなどということは、日本軍では空想もできないことである。日本軍では「上官の命令」が直ちに「天皇の命令」であるから、小野田少尉の言っている通り、直属上官の命令か指示があれば、必ず出てくる。従って、原則的にいえばそれだけ伝えれば十分なのである。

 では、どのようにして「終戦」を伝達するか。これは「戦争法規」に基づいて行えばよい。日本軍は、戦後はまるで「ならず者集団」のように描かれているが、実際は一つの法規を持った組織すなわち正規軍であり、小野田少尉はその幹部だから、そのように対応すればよいのである。

 彼は自分が戦闘状態にあると信じており、また彼自身にはそう信ずべき理由があるのだから、この戦闘状態を一時停止して「話合い」を行おうというのなら、こちらから出向いていくのは銃器をもった討伐軍ではなく「軍使」のはずである。従ってフィリピン軍の援助は鄭重に辞退すべきであろう。軍使は必ず、自国旗と白旗をもつ。白旗は、戦後、降伏のしるしと誤解されているが、それは使用法の一例にすぎない。

 白旗については、特権だけでなく、「歩哨の一般守則」として、次の点は兵士まで徹底して教育されているはずである。すなわち「白旗ヲ掲ゲ遠方ヨリ軍使タルヲ表ワスモノト降参人トニ対シテハ敵トシテ取扱ワズ、歩哨線外ニ之ヲ止メ・・・」と。小野田少尉はこれを知らないはずはない。

 従って、彼のいると思われる地点に、日章旗と白旗をもった人間が一人か二人で入って行き、「動かず」に、根気よく待てば、それで十分である。大勢で押しかける必要は全くない。・・・(出てきたら)次に食料と医薬品を即座にその場で渡すこと。これは「百の説法」より効果がある。・・・相手が自分たちの身体や健康状態にまで気を配っていると感ずることは、敵対関係ではないという証拠であり、何にもまさる強い信頼感を抱かせる。」
(『週刊文春』S49.3.18)
 
 そして救出劇はまさにこの通りに展開しました。そのシーンは2005年8月にフジテレビでドラマ化され放映されていますから、多くの方が見ていると思いますが、その救出のための考え方と具体的な方法をアドバイスしたのが山本七平であったことは、ほとんど忘却されたごとく、ネット上で関連サイトをのぞいてみましたが一件も見つけることはできませんでした。

2007年3月20日 (火)

山本七平の不思議2

 山本七平が『日本人とユダヤ人』を出版したのは氏が49歳の時でした。氏がフィリピンの捕虜収容所から無事帰還し佐世保に着いたのは昭和21年12月31日(入営は昭和17年10月1日)25才の時ですから、それから23年が経過していました。この間特に自分を売り込むと言うこともなく沈黙を守り、また、この『日本人とユダヤ人』も前回のエントリーで紹介したように特別売れると思って出版したものではなかったのです。

 ところが、『日本人とユダヤ人』出版以降、イザヤ・ベンダサン名の評論が次々と雑誌に発表されるようになりました。最初は『諸君』昭和46年5月号に掲載された「日本教について‐あるユダヤ人への手紙」で、昭和47年10月号まで15回の連載となりました。この9回目の「朝日新聞の「ゴメンナサイ」」が契機となって本多勝一氏との論争になったことは周知の通りです。 これは連載終了後の昭和47年11月25日に『日本教について』という書名で単行本化されました。

 そして、昭和47年1月、グアム島のジャングルで横井庄一軍曹が発見されたことについて「なぜ投降しなかったのか」という見出しの評論が山本七平名で掲載(『文芸春秋』47年4月号)されたことを初出に、さらに、同年8月号から「岡本公三を生んだ日本軍内務班 私の中の日本軍隊」という、後に『私の中の日本軍』として単行本化される連載記事が『諸君』に掲載されるようになりました。

 結局、イザヤ・ベンダサン名での評論記事は『文藝春秋』昭和52年8月号の「参議院、あまりに日本的な」をもって消滅しますが、この間、約5年間はイザヤ・ベンダサンと山本七平が平行して評論文を発表していたのです。もし、山本七平がイザヤ・ベンダサンだとすると、山本七平は最も多い時期には月に80枚のペースで原稿を書いていたことになるのだそうです。(『戦後日本の論点』高澤秀次p44)

 この間の事情について、山本七平は次のようにいっています。
「──このへんで、山本さんに関して読者や私たちが一番知りたいことをお聞きしていきますが、今までのお話で、他の人が書いたものを翻訳したり出版したりしてこられて、そのうちだんだん、批評もしていきたいという誘惑にかられたのではないかと思われるのですが、いかがですか。

山本 なんの批評ですか。

──いま、『文藝春秋』や『諸君』にお書きになっているような・・・。

山本 これはもう、私のほうから質問したいくらい奇妙なことでしてね(笑)。ああいうものを書き始めた動機は、これまた、きわめて偶然なんですよ。いままで、何か書いてくれっていわれても、絶対に引き受けなかったんです。私の仕事じゃないからって。そういうことをやる気は全くありませんでした。従って、まあ同人雑誌といったような、文学修行的な経験は全くありません。書いたものといえば、自社の広告文だけです。従って、何かを初めて書いたといえば『文藝春秋』のわけですが、それもつまるところ、締切の前日にグアム島の横井さんが出てきた。それだけの理由なんですよ。私が書くようになったのは・・・(笑)。月刊誌というのは、その時締め切っちゃうと、あとは翌月になるでしょう。ニュース性が全然なくなってしまう・・・。それで、なんでもいいから、ジャングルの中の生活体験みたいなものを二、三十枚、すぐ書いてくれって、いやおうなしに頼まれましてね。”横井さん、へんなときに出てきて困る”ってわけなんです(笑)。あんまり言われるので、じゃ、しょうがないっていうんで書いたんですがねえ。

 『諸君』のほうはもっと変なことで(笑)。あれも締切の前の日かその前の日かに、テルアビブの事件が起こりましてね。”この前『文藝春秋』にジャングルの中のことを書かれたけれど、こんどはテルアビブ事件の背景みたいなものを『諸君』に書いてください”っていうんです。しかたなしに書いたんですが、そしたら面白いから続けて書いてくれって言われまして、三回連載しました。そのあと、南京の『百人斬り競争』ですか、あれを鈴木明さんが解明されましたでしょう。これは非常にいい資料を集めて書いたものなんですが、鈴木さんは軍隊経験がないので、せっかくのいい資料がちょっと使い切れていない感じだったんです。それで、鈴木さんにこう助言してくれってたのんだんです。”これはこういうことじゃないか、軍人がこう言った場合は、こういう意味です”と・・・。彼ら独特の言い方がありますからね。そしたら、それを書いてくれっていわれましてね。とうとう十七回で七百枚にもなっちゃったんですよ。ただ、この問題については相当積極的な気持ちもありました。というのは、これ大変なことなんです。新聞記者がボーナスか名声欲しさに武勇伝など創作する、これは架空の『伊藤律会見記』などの例もあるわけですが、この『百人斬り競争』の創作では、そんな創作をされたために、その記事を唯一の証拠として、二人の人間が死刑にされているんです。──極悪の残虐犯人として。しかもその記者は、戦犯裁判で、創作だと証言せず、平然と二人を処刑させているんです。しかも、戦後三十年「断固たる事実」で押し通し、それがさらに『殺人ゲーム』として再登場すると、これにちょっとでも疑問を提示すれば「残虐行為を容認する軍部の手先」といった罵詈ざんぼうでその発言は封じられ、組織的いやがらせで沈黙させられてしまう。そういった手段ですべてを隠蔽しようとするのでは、この態度はナチスと変わらないですよ。そのことは、いまはっきりさせておかねば、将来、どんなことになるかわからない。基本的人権も何もあったもんじゃない、と感じたことは事実です。それだけやれば、私は別に、文筆業者ではないものですから、もうこれでやめたと、一旦やめたんです。そう言っておしまいにした時に小野田少尉が出てきましてね(笑)。これも締切の直前(笑)。しかも税金の申告の五日前ですよ。もうちょっと遅く出て来てくれればねー。」(『人生について』山本七平p197~199)

2007年3月 9日 (金)

山本七平の不思議

 山本七平さんは平成3年12月10日に膵臓ガンのために亡くなられました。その名前が世間に知られるようになったのは、昭和45年の5月に『日本人とユダヤ人』を出版して以降のことです。この本の著者名はイザヤ・ベンダサンとなっており、山本書店がその版元で初版はわずか2500部だったといいます。別に広告もしなかったそうです。

 それが、霞ヶ関の官庁街、最初は外務省の地下の本屋、それから通産省へそして大手町のビジネス街(読者は主に商社関係の人たちだったらしい)へと口コミで広がって行き、次は大阪で商社関係の人たちに、そしてうわさは全国へと広がっていき「遂には、問屋と大手書店と現物争奪戦に発展する」までになりました。

 私がこの本を知ったのは、確か昭和45年11月頃の『諸君』紙上の対談記事ではなかったかと記憶していましたが、先日、国会図書館で調べたところ、それは同書の11月号「ハダカにされた日本人」という佐伯彰一(文芸評論家)、増田義郎(東大助教授)、小堀桂一郎(東大助教授)の対談であることが分かりました。私がこの本を読んだのはその年の10月25日で、その本の奥付をみると9月30日4版発行となっています。

 その後、この本は売れに売れて、75万部ほどに達した頃、社長兼社員の山本七平はその事務上の煩雑さのために出版活動どころではなくなり、それに堪えかねて、文庫本にしたいという角川書店の求めに応じてその版権を譲り渡したといいます。山本七平はこのころ奥様に「売れすぎて嫌んなっちゃうよ。」とこぼしていました。(以上『怒りを抑えし者』稲垣武P402)

 もともとこの本は、初版が2500部であったように、本人はそれほど売れるとは思っていなくて、ただ、その当時、山本書店で出版することになっていた、岩隅直さんが27年かかって独力でまとめた『新約ギリシャ語辞典』の出版費用の足しにする、その程度にしか考えていなかったそうです。

 というのは、この岩隅さんの原稿は、どの出版社に持ち込んでも採算が合わないという理由で断られていたものを、聖書学の権威の関根正雄氏の紹介で山本書店に持ち込まれ、山本七平は赤字覚悟で引き受けたもののどこまでそれに堪えられるか分からす迷っていたおり、たまたま、あるユダヤ人との間でこの本(『日本人とユダヤ人』)の出版の話が持ち上がったものだといいます。

 この間の事情は昭和46年4月2日付の毎日新聞に「苦学の『辞典』世におし出す 山本書店、資金できて」という見出し、副題「イザヤ・ベンダサンの予期せぬ貢献」として次のように紹介されています。
 「研究に着手してから実に27年という、大変な労作の辞典が、ようやく日の目を見て5月末に出版される。岩隅直さん(61)がまとめた『新約ギリシャ語辞典』。長い闘病生活と貧乏暮らしに堪え、妻にささえられ、打ち込んできた辛苦の結晶である。これを出版するのは『日本人とユダヤ人』を出版した山本書店。山本七平さん(48)が一人きりで社長も社員もかねると言うミニミニ出版社だが、同書が17万部を売るというベストセラーになったため『この利益を、採算を度外視して出版するつもりだった、辞典の出版に投じる』とはりきっており”幻の著者”ベンダサンブームが、思わぬ功徳を生むことになる。」

 そしてこの『ユダヤ人と日本人』は、その刊行の翌年、昭和46年の第2回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞することになりました。選考委員の一人である開高健は次のように評しています。

 「近頃これくらい知的スリルを覚えた作品はない。一気通貫に読めた。観察眼の鋭利、指摘の微妙、文体の一貫した明晰、文脈の背後にある心憎い気迫のリズム、恐るべき学殖、どこをとっても、いうことはない。ことに平坦俗語から淡々と解き起こして筆を進め、いつのまにやら大変な高地へつれこんでいくあたりの呼吸は、気がついてみると、舌を巻きたくなる。これくらい堂々とした正統の異才を発見できないでいたとはわがマスコミも大穴だらけとさとられる。全編集者は頭をそらねばなりますまい。」

 小林秀雄も昭和46年11月の川上徹太郎、今日出海との鼎談で次のように評しています。
 「ベンダサンという人が『日本人とユダヤ人』という本を書いた。・・・あれの中に言葉の問題をちょっと書いてあるが、あれは面白いと、僕は思いましたね。・・・あの人は『語呂盤』という言葉を使っているんだよ。そろばんに日本人は非常に堪能だ。計算を意識しなくても、いや、むしろしない方が答えがうまく出て来る。・・・それと同じように、日本語の扱いには語呂盤と言っていいものがあるんだ。その語呂盤で,言葉の珠を何も考えずにパチパチやっていれば,ペラペラしゃべることができる。これは日本語というものの構造から来ていることで、西洋人にはとても考えられないところがあると言うのだ。・・・以前パリにいた時、森有正君がしきりに言っていた。テーム(作文)の問題は数学の定理まであるということを彼は言っていた。面白く思ったから覚えているのだが、それが、今度ベンダサンの本を読んで、はっきりわかった気がした。言葉は、ロゴスだが、ロゴスには計算という意味があるのだそうだ。だから、西洋人には文章とは或る意味で言葉の数式だとベンダサンは言っている。なるほどと思った。・・・もっと微妙なことを言っているが、まあ読んでみたまえ。面白い。」(『旧友交歓』P106~107)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

twitter

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック