フォト

おすすめブログ・サイト

Twitter

« かっての日本軍の体質を戦後に継承していたのは「革新陣営」だった。では、その日本軍の体質とは? | トップページ | 山本七平の天皇制理解について1――「朝幕・併存=二権分立」の後期天皇制こそ、日本の伝統的天皇制 »

2011年9月26日 (月)

平家物語の「施恩の権利を主張しない、受恩の義務を拒否しない」という「恩の哲学」について

前エントリーに対する物語研究所「夢前案内人」さんのTBへの私の応答です。「夢前案内人」さんのblogコメントに加筆しました。

狂人と賢者を分ける線

夢前案内人さん、専門的TBありがとうございます。
 以下、私の感想を述べさせていただきます。

〈「自己義認(自己を絶対善(無謬性)と規定)」を発端とし、これを社会に拡張する正当性を担保するため「無謬性存在 = 神、」を設定し、それを「寄託先」とする存在として自己を再定義するというマインドというか信条様式は統合失調症者のそれと非常にそっくり〉

 統合失調症を上記のようなものと解釈するなら、

「統合失調症の起こる素地というもの自体は我々人間の脳内にその機能(というよりはアルゴリズム)の一環として普通に付置されているもので特段異常なものとは言い難い」と言い得ると思います。

 また、「社会の或る集団、或る組織、或るムーブメントを一個の生命体であると捉えた場合に、そのアルゴリズムは異常な結果に出力されるものにだけ使われるのではなく正常と言える建設的なものへ出力されるものとしても使われているではないか?」とも言えると思います。その社会の未来イメージが明快でメンバー間に共有されている場合は大変能率的ということですね。

 問題は、その未来イメージが不明な場合、どういう手順でそれを創り上げ実行に移していくか、ということですが、お説の統合失調症では対応が難しいのではないかと思われます。(私がおっしゃっていることをよく理解していないのかも知れませんが)

 ただ、イノベーションの意味を「企業者が行う生産諸要素の新結合」とするなら、まあ「何を作るか」は分かっているわけで、その品質や、生産方法、販路、原材料調達、組織づくりなどにおいて革新的改善を加える、ということですから、確かにそれは先に述べたように能率的に行えると思います。で、ここに異常な結果を生み出すことになる閾値があるとすれば・・・という問いですが、生産活動ではなく政治活動を対象とするなら、前エントリーで述べたような閾値?は存在するとは思いますが・・・?

 なお、「夢前案内人」さんの前エントリー「“個” の思想は欧米礼賛なのか」も読まさせていただきました。お説については私も同意見です。ただ、「プロテスタント病」の定義についてですが、本来、プロテスタンティズムとは「信仰義認」であって「自己義認」ではない、つまり、「義人なし」が基本で「人が義とされるのは信仰のみ」ということです。といっても、現実には「この主張により自己義認の連鎖が打ち破れるのは、カトリックとの緊張関係がある場合に限られる」とのことで、そういった緊張関係を失いやすい環境に置かれた場合は、「プロテスタント病」といわれるような症状が出ることになるのです。

 まして、それが近代化と共に東アジアの儒教圏にきた場合、特に日本の場合は「生まれながらにして本性=人間性が備わっている」と考える、つまり「義人のみ」の世界ですから、「プロテスタント病」に対する免疫がない。それ故に、伝統的に「去私」が自己修養の目標とされてきたわけで、大正デモクラシー期のように西洋思想が一般大衆に強い影響力を持った時代には、「声の大きな者」「力の強い者」「強引な者」「多くを丸め込む権謀術数に長けている者」が社会の主導権を握るようになるのです。これに対する反動が、昭和なのですね。

 で、「そうならない社会を目指すためには、真の意味での「“個” の思想」を各人が身に付ける」必要があるのですが、「義人のみ」の世界ではたしてこれが可能か、ということになると、難しいということになる。しかし、ここで参考までに申し上げますと、山本七平によれば、平家物語における倫理規定は「施恩の権利を主張しない、受恩の義務を拒否しない」という「施恩・受恩の倫理」だったらしく、おそらくこれは、現代においても、日本人の倫理感を無意識的に支えているものではないかと思われます。(『日本教徒』参照)

 といっても、キリスト教も結局、「律法の全体は、「自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ」というこの一句に尽きる」(ガラ5:14)  のですから、日本人が「人間性を信じる」のは決して悪くない。むしろ有利と言えるかも知れません。実際、上記の「恩の哲学」は「汝の隣人を愛せよ」に昇華する機縁を持つような気もします。といっても、これは共同体における個人倫理であって、利益社会における秩序原理は、契約(=法)と、その下における権利・義務関係であり、日本の組織に求められているのは、身内の談合よりコンプライアンスを重視する、ということだと思います。これは、少しずつ身についているようですね。 

 最後に、「“個” の思想」を身につけるためにはどうしたらいいか、ということで、「C・G・ユングが生涯主張、啓蒙し続けた「意識化」「個性化」のプロセス」が大切、ということですが、私もその通りだろうと思います。しかし、その場合、何を意識化するか、が問題になると思いますが、おそらくそれは、「自分を無意識に支配しているものの「意識化」だと思いますが、案外それは、先の「施恩・受恩の倫理」かもしれませんね。

 また、「”個”の思想」がなんらかの「権利の主張」を意味するものであるとすれば、一見、この世界には「権利はなく義務だけが存在する」ように見えます。しかし、もう一歩進んで考えると、「受恩の義務を拒否しない」は「受恩の義務を果たす」ことだから、これは、「受恩の義務を行使する権利」とも考えられます。とすると、この「恩」を対人関係から「天」との関係において捉えることができるようになれば、なんだか”すっきり”してくるような気もしますね。(これが即ち明治の「敬天愛人」か)

 といっても、それが「神人一体」ではなく、対立関係を基本とする神との「契約関係」(その契約書が”聖書の言葉”、だからその契約書をもとに神と議論することも権利として許される)になるかというと、それは難しいと思いますが・・・と言いつつ、日本人は神に一方的に要求ばかりというか”おねだり”ばかりしていますから、神としても、その内最低限の「契約書」は作りたくなるかも知れませんね。

 まあ、江戸時代においては、その「契約書」の内容が「勤勉」とされたことによって、「日本資本主義の精神」が準備されることになったわけですが・・・。(『勤勉の哲学』山本七平 参照)

« かっての日本軍の体質を戦後に継承していたのは「革新陣営」だった。では、その日本軍の体質とは? | トップページ | 山本七平の天皇制理解について1――「朝幕・併存=二権分立」の後期天皇制こそ、日本の伝統的天皇制 »

「山本七平学」のすすめ」カテゴリの記事

コメント

健介さんへ

 沖縄の基地問題については、「普天間基地移設に伴う「日米共同声明」は、沖縄の基地負担軽減につながらないのか」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~sitiheigakususume/jijimondai/anzenhosyo.html#20100604
で私見を述べましたので、参考にして下さい。

 先日アメリカ映画「パシフィック(沖縄編)」を見ました。戦闘員と非戦闘員を明確に区別できなかった日本軍。アメリカ軍から見れば非戦闘員による自爆テロのようなこともあったわけですね。何の訓練も受けていない民間人が戦闘に参加することの悲劇というかその”哀れさ”がリアルに描かれていました。

 沖縄の人たちの心には、そうした記憶がトラウマになっているのだと思います。それだけでなく、戦後も26年間にわたって米国の占領下に置かれた。さらに沖縄返還後も、日本防衛のための基地負担が、「沖縄県は国の面積の 0.6%であるにもかかわらず、全国の米軍 施設の約75%が集中している」という過酷な状態に置かれている。

 もちろん、沖縄の地政学的な位置が、そのような過重な基地負担を余儀なくさせている面があると思います。しかし、問題は、日本国民全体に安全保障上の義務観念が薄く、そのため、”基地負担を”迷惑施設”視し、それを沖縄に押しつけてきた、そうしたことが、戦前の記憶と共に本土不信へとつながっているのではないでしょうか。

 こうした、安全保障上の負担を沖縄に押しつけて何とも思わない日本国民一般の姿勢、それに対する抗議の気持ちが、あるいはストレートに日本国民へと向かわず、反基地闘争へと転化している面があるような気がします。そして、それに便乗してきたのが民主党だったわけで、その誤魔化しの責任を今日とらされているわけですね。

 従って、民主党が次にやるべきことは、移駐可能な部隊や施設を可能な限り、本土に移すことですね。そのためには日本人の防衛意識を高めていく必要があります。要するに、”水と安全はタダではない”ということで、これは、今後日米同盟を堅持していく上でも、国際社会の平和維持に貢献していくためにも、避けて通れない課題だと思います。

 その上で、今回の辺野古移設案が、沖縄の米軍基地の整理統合によって、普天間基地が返還されるなど大きな負担軽減になることを、沖縄の人たちにも十分理解してもらう必要があります。もちろん、現在の辺野古移設案がさらに沖縄の負担軽減につながる形で見直されれば、さらによろしいわけですが・・・。

 いずれにしても、日本の安全保障政策において日米同盟を基軸とすべきことは、戦前の失敗から学ぶ限り当然です。沖縄の人たちにも、このことを十分判ってもらう必要があります。あまり、イデオロギッシュな幻想に引きずれられないようにすることが大切ですね。

戦後義務と権利をセットで教えないために、権利を主張する人はその権利には義務が伴うがそれは何かという質問の答えを用意しないで行動してきた。用意していない事は実際の世界でそれがなくなるのではなくあるのだが、ソレヲ他人が負担してきた。もはやそれができない。沖縄がそのいい例だろう。

 基地問題をそれ自体を問題として捉えるなら基地に関しての義務があるはずだがそれについては<知らないよ>で補助金を掠め取って来たに過ぎない。

 沖縄を助けるためにカミカゼ攻撃や戦艦大和が出撃して、沖縄の人々と同じように多くの人が亡くなっているが、その人々への考察が彼らには無い。もっともその人々は戦後生まれの人が多い。

 さて権利と義務をいうならお互い権利を主張して調整をするか、義務を主張して調整するか、それは何によって決まるだろうか。我々は義務観によって行動する。震災、福島の被災者が法律上の権利を主張して、ソレヲ乗り切ろうとしているのではないでしょう。相手の義務を主張するときは、強者の主張と、被害者の主張とがあるが、わが国は後者の主張が多い。しかしそれはよろしくない。崩壊の元である。あくまで強者の義務である。
 

民主党が在野のとき内閣の官房機密費を攻撃したが、自身が政権を取り、そのとき攻撃した事と同じ事をしたかというと、管直人氏は金を使って、内容を明らかにせず、さよならした。
 これと同じ事が統帥権干犯事件に過ぎない。
法律的、および文化的に天皇を持ち出したが、攻撃するとき民主党が何を持ち出していたかを見れば、その背後にある何かがわかると思う。
 結論は簡単で精神病者に過ぎない。
これが統合失調症の元である。
もっというと中身がまたっくない人々である。
事実軍部は軍事という事の能力がまたっく無かった。 民主党も同じである。その見本が菅氏だろう。

>自己義認(自己を絶対善(無謬性)と規定)」を発端とし、これを社会に拡張する正当性を担保するため「無謬性存在 = 神、」を設定し、それを「寄託先」とする存在として自己を再定義するというマインドというか信条様式は統合失調症者のそれと非常にそっくり〉

 この見本はわが国にはうようよいる。おもに高等教育を受けた人々だが、民主党の枝野氏其の他面々はその見本で、その精神は江田法相の死刑執行拒否の理屈と、その精神を見れば十分でしょう。

したがって
>統合失調症の起こる素地というもの自体は我々人間の脳内にその機能(というよりはアルゴリズム)の一環として普通に付置されているもので特段異常なものとは言い難い」と言い得ると思います。

ではなく異常なものといいうるのではないか。
なぜなら死刑執行を何も考えずに当然としている庶民が多いからで、彼等は人権、法下の平等、人道といった教育を受けたことは考えずに、当然としているからである。もっと言うと関心がなく関係ないと思っている。
 その人々は統合失調症ではなく勉強した江田氏がそれであるわけだが、何故であろうか。
 ここに興味深い問題が存在している。
世俗的に言うと中途半端に(司法試験合格)頭がいいことに尽きるが。勿論健介は司法試験など通過しないが、それとは違うことである。


>夢前案内人さん
 ユングについては、少ししか知らない。その昔読んだが、今は忘れている。
 統合失調症という病気は簡単ではない。
青年将校たちが、統合失調症ではなかったかという見方が妥当かどうかはしらないが夢前案内人さん
がかかれることはよくわからない。
 彼等は病気ではないが病気に近いと見ることだろう。
 一例を上げば大江健三郎氏の原発反対運動だが、彼等は韓国の原発に反対するのかとたずねると面白い返事をするだろう。
 それより見ると多分統合失調症だろう。それ以外に考えられない。
 別な現象としては<円高で国内産業が空洞化する>という主張だがモウ30年来それを言っているが、わが国は空洞化するどころか円が強くなっている。彼等の主張と円高の整合性を求めると彼等は答えられない。

 この手の現象はほかにもあるが、それを>夢前案内人さんは、統合失調症といわないのか。

 間違いなく、青年将校は統合失調症であるが、現代精神分析学から見ると違うでしょう。西洋概念とは異なるものである。
 わが国の歴史と伝統からみた、精神分析学上の統合失調症を構成することではないか。
今の財政再建論者なども統合失調症ではないかと思うがいかがだろうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179742/42026077

この記事へのトラックバック一覧です: 平家物語の「施恩の権利を主張しない、受恩の義務を拒否しない」という「恩の哲学」について:

« かっての日本軍の体質を戦後に継承していたのは「革新陣営」だった。では、その日本軍の体質とは? | トップページ | 山本七平の天皇制理解について1――「朝幕・併存=二権分立」の後期天皇制こそ、日本の伝統的天皇制 »

twitter

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック