フォト

おすすめブログ・サイト

Twitter

« 「百人斬り競争」事件について――「百人斬り」新聞記事の真相 | トップページ | 「百人斬り競争」論争の現在と未来 »

2012年2月 8日 (水)

「百人斬り競争」事件について――論争は「ヤラセ」が証明された30年前に終わっていた

次は、野田少尉が、最終的に第二回「上訴申弁書」の提出を諦め、自らの死を覚悟した後に書かれた「日本国民に告ぐ」と題された遺書です。

野田毅「日本国民に告ぐ」

(昭和二十二年十二月二十八日)
一、日本国民に告ぐ
私は曾て新聞紙上に、向井敏明と百人斬り競争をやったと言われる野田毅であります。自らの恥を申し上げて面目ありませんが、冗談話をして虚報の武勇伝を以て世の中をお騒がせ申し上げたことにつき衷心よりお詫び致します。

「馬鹿野郎」と罵倒嘲笑されても甘受致します。
日本は見事に敗戦致しました。もはや虚飾欺瞞するの秋ではありません。赤裸々に本心をぶち開け、誠心を披瀝して、平和日本再建に邁進すべきの時です。この意味に於て私も過古の恥を申上げて、お詫び申し上げた次第です。

只、今般中国の裁判に於て捕虜住民を虐殺し、南京屠殺に関係ありと、判定せられましたことに就いては、私は断固無実を叫ぶものであります。
再言します。私は南京に於いて百人斬りの屠殺をやったことはありません。此の点、日本国民はどうか私を信じて頂きます。
たとえ私は死刑を執行されてもかまいません。微々たる野田毅の生命一個位は日本にとっては問題ではありません。ただし問題が一つ残ります。日本国民が胸中に怨みを残すことです。それは断じていけません。
私の死を以て今後中日間の怨みや讐や仇を絶対に止めて頂きたいのです。

東洋の隣国がお互いに血を以て血を洗うが様なばかげたことのいけないことは常識を以てしても解ります。
今後は恩讐を越えて誠心を以て中国と手を取り東洋平和否世界平和に邁進して頂きたいです。中国人も人間であり東洋人です。吾々日本人が至誠を以てするなら、中国人にも解らない筈はありません。至誠神に通ずると申します。同じ東洋人たる日本人の血の叫びは必ず通じます。

西郷さんは「敬天愛人」と申しました。何卒中国を愛して頂きます。愛と至誠には国境はありません。中国より死刑を宣告された私自身が身を捨てて中日提携の楔となり、東洋平和の人柱となり、何ら中国に対して怨みを抱かないと云う大愛の心境に達し得たことを以て、日本国民もこれを諒とせられ、私の死を意義あらしめる様にして頂きたいのです。
(中略)

一、日本青少年諸君に与う
一国の攻防は青少年を見れば足る。最も惨憺たる悲運の境遇にある諸君は最も幸運と云うべし。此れ以上の敗戦の惨苦と不幸はあらざるが故なり。前途は只洋々たる再建希望の日本あればなり。
かかって諸君の双肩にあり。身を以て予は大愛と至誠を感得せり。日本青少年よ、異常なる大勇を以てせざれば「大愛」と「至誠」の実行は不可能なり。乞う、大死一番、右の二句を以て世界平和に邁進せよ。

(一月二十八日)
南京戦犯所の皆様、日本の皆様。さようなら。
雨花台に散るとも、天を恨まず、人を恨まず。日本の再建を祈ります。
萬歳、萬歳、萬歳


これを読んで、胸の詰まる思いをしない日本人はいないでしょう。ところで、この両少尉の死が、その他の中国に捕らえられていた日本人戦犯二百六十名の命を救ったかも知れないのです。というのは、この「百人斬り競争」は東京裁判でも審理がなされ、両少尉それに浅海記者も取り調べを受けたのです。その結果、この記事はすべて「伝聞」によるものであるとして、「東京裁判では本裁判は無論のこと、個人を裁く『戦争放棄を無視したC級裁判』としても、このことを立証し有罪に持ち込むことは不可能である」と判断され起訴はされなかったのです。

ところが、両氏を南京事件の容疑者として南京に送れとの中国からの要請があり、マッカーサー総司令部司法部長のカーペンターは「中国では公正な裁判ができるのか、あるいは、少なくとも表面的に、公正な裁判であることを印象づけられるような裁判ができるのか」危惧しましたが、結果的には、先に谷寿夫をB級戦犯容疑者として南京に送った経緯があり、二人を南京に送ることに同意しました。(『新「南京大虐殺」のまぼろし』P306)

その結果、カーペンターが危惧した通りのことが起こった。当時中国では「国共内戦」が後半期にさしかかっており、国府軍は全東北地方から撤退しつつあり、共産党は国共内戦の最大の山場である「北京戦」に勝利し、北京に入城し、「北京市人民政府」を樹立していました。そこで、カーペンターは谷寿夫、向井、野田両少尉の裁判の様子を聞き、「もうこれ以上は待てない」と思ったのか、中国に捕らえられている日本人戦犯260名を、共産党に引き渡すことなく日本に帰還させたのです。(上掲書322)

つまり、野田、向井両少尉等の裁判が、新聞記事だけを証拠に死刑判決を下すという近代法では考えられない無謀な裁判となったことによって、その他の日本人戦犯260名は、無事日本に召還されたのです。この事実が両少尉にとっていくらかでも慰めになればと思いますが・・・。

一方、この虚報によって両少尉を死に追いやった日本の記者及び新聞社の責任はどうなるでしょうか。山本七平は30年ほど前に書いた『私の中の日本軍』の中で次のように言っています。

「この事件は、今では、中国語圏、英語圏、日本語圏、エスペラント語で事実になっている。しかし、明らかに記事の内容自体は事実ではない。従って、これを事実と報じた人びとは、まずそれを取り消して二人の名誉を回復して欲しい。独裁国ですら、名誉回復と言う事はあるのだから。そして二人の血に責任があると思われる人もしくは社(東京日日新聞現在は毎日新聞=筆者)は、遺族に賠償してほしい。戦犯の遺族として送った戦後三十年はその人々にとって、どれだけの苦難であったろう。

人間には出来ることと出来ないことが確かにある。しかしこれらは、良心とそれをする意志さえあれば、出来ることである。もちろん私に、そういうことを要求する権利はない。これはただ、偶然ではあるが、処刑された多くの無名の人々の傍らにいた一人間のお願いである。」(山本七平ライブラリー『私の中の日本軍』P247)

ご存じの通り、この事件は裁判でも争われました。この裁判のポイントは、「浅海記者は両少尉の話をあくまで事実として聞きこれを記事にした」と認定したことにあります。毎日新聞社も取材は適正に行われたと主張しています。従って、仮に、この「百人斬り競争」が虚偽だったとしても、それは「誤報」であって「虚報」ではないというのです。朝日新聞が、この事件を戦闘行為ではなく「住民・捕虜の虐殺」だったとする書籍を販売していることについては、歴史的事件の「論評」であって言論表現の自由の範囲内としました。

つまり、この「百人斬り競争」事件のポイントは、私が本論の冒頭で述べた通り、この記事を書いた記者本人が、「二少尉から聞いた話を事実として聞いたか、それともフィクションとして聞いたか」という点に集約されるのです。浅海記者は、東京裁判検察官の尋問に際しても”真実=事実として聞いた”と答えています。はたしてそうか。確かに、この記事は、二少尉が「語り」それを浅海記者が記事にしたものであることは間違いありません。

だが、それは戦場心理を逆用した「ヤラセ」だったのではないか。浅海記者はそれを事実らしく見せるため、わざわざ佐藤振寿記者や鈴木記者を連れてきて「証人」としたのではないか。だが両氏は浅海記者に誘われて両少尉と会見している。もちろん両氏とも、浅海記者が両少尉と無錫で談合した事実を知らない。また佐藤記者は両少尉より”数の勘定はお互いの当番兵を交換して・・・”と聞いたが、第二報の記事では「東日大毎の記者に審判になってもらうよ」となっている。また、鈴木記者は、この競争のルールを「南京まで(=一定の時間内)に100をめどにどちらが多くの敵を斬るか」だと思っている。

ということは、この競争において誰が審判を務めるかということも、その競争のルールが何であるかということも、プレーヤーである両少尉が知らず、佐藤記者は審判を当番兵と聞き、鈴木記者はそのルールを「時間を限定して数を競う」ことと理解していたということです。そして、これらを「知っていた」のは実に浅海記者ただ一人だった。だからルールの変更も出来たのです。これだけのことをやっていて、二少尉の話を「事実として聞き、そのまま記事にした」と言えるでしょうか。自分が創作した記事だからこそ、先に指摘したような「事実」に見せかけるための数々の細工が出来たのではないか。

以上本稿では、この事件を、浅海記者は両少尉の話を「事実として聞いたか、それともフィクションとして聞いたか」という観点に絞って、山本七平やベンダサンの分析を紹介してきました。これによって、それが「ヤラセ」であったことは明白になったと思います。そして、これが架空の武勇談であれば、その後の、これを「住民・捕虜虐殺」事件とする議論は全て霧消します。にもかかわらず、あえてこれを証明しようとする人たちがいますが、それは、冤罪が確定した人物の余罪を探し回るような行為であって、止めはしませんが正気とも思われません。

つまり、この事件についての論争は、山本七平が以上のような論証を行った30年前に、すでに決着していたのです。そもそも裁判は、訴因に基づいて法律的な判断をするだけで、歴史的事実を解明するものではありません。従って、その判決如何に関わらず、毎日新聞社は、この事件の結末について報道機関としての責任があります。また、朝日新聞社も非人権的な行為は止めるべきです。これは山本七平が言ったように、まさに日本の報道機関の「良心」の問題です。

一刻も早くこの事件に決着を付け、これを、昭和史の謎を解明する一つの手がかりとすると共に、日本人における迎合の問題やマスコミによる虚偽報道、言論空間における空気支配の問題等を克服するための”歴史的教訓”とすべきだと思います。
以上

山本七平は洞富雄に論破された、という人がいますので、洞氏の論理を検証して見ました。論破されたなどとんでもないことが判ります。

参照:「洞富雄氏の論理を検証する――洞は山本七平を論破したか」 http://www7b.biglobe.ne.jp/~sitiheigakususume/hyakugenzai/horaronri.html

« 「百人斬り競争」事件について――「百人斬り」新聞記事の真相 | トップページ | 「百人斬り競争」論争の現在と未来 »

日本近現代史をどう教えるか」カテゴリの記事

コメント

浅海記者は、この百人斬り競争を「真実」と思って記事にしたと言い続けました。そして毎日新聞も「適正に取材し、取材結果を正確に記載した」と言いました。これだけでも”記者としての資格がない”と私は思いますが、その上、山本が指摘したような数々の記事作成上の細工を行い、実際に「百人斬り競争」が行われたように見せかけたことが明らかなのですから、これが「ヤラセ」であったことは明らかなのです。しかし、裁判では、これは「自白」と見なされ、記者の責任よりも役者の責任の方が重く評価される。日本の冤罪事件の典型的なパターンです。

立花隆の佐藤昭氏に関する記事については私も首をかしげました。

西山記者の事件も、新聞記者のあくどさを証す一つの例ですね。

政治家の場合もそうですけど、マスコミについても”偽証罪”あるいは”虚偽報道罪”を設ける必要があるのではないでしょうか。

さらに追加

毎日新聞社の西山記者の事件についてですがこれも見ようによっては、百人斬りと同じ要素があるのではと思う。
 問題は西山記者が自らの事件において、何が問題なのかをどのようにして把握しているかでしょう。これは詳しくは調べていませんが、これまでのとこ百人斬りと同じ要素が大だと思います。外務事務官が一人犠牲になっています。ここを彼がどのようにしていたかでしょう。
 これまでの展開を見るとたぶん百人斬りと同じでしょうね。
 南京の裁判の展開と今回の裁判の展開を比較するといいでしょう。

追加

 物を見るのではなく物語を見るといおう感覚の人に立花隆氏がいます。健介は個人的には彼は毎日の浅海記者と同じ部類の人と見ています。
 百人斬りの背後にあるのはそれだと見ています。
その手の記述がわが国には多い。そして時間がたてば、その間違いが如実に出てくるに過ぎない。
 佐藤昭女子の娘が保持していた角栄の手紙に対する彼の文章を見て、この人は浅海記者と同じと思った。

 この手の報道は我国マスコミのお家芸で、実に簡単にそれを信じる日本人がいることが問題で、ことは国語の読解能力に行き着く。または認識の問題に行き着く。日本語の構成問題に行き着く。
 検察や警察の調書にもこの百人斬りと似たようなものはあるでしょう。
 現在一番の見本は放射線の影響についての問題と原子力発電の問題でしょう。
 原子力発電は石油の備蓄と天然ガスの備蓄に結びつくはずだが、その報道は何処にも無い。天然ガスは十日だそうです。石油は確か172か182だったと思うがこの財政危機で多分使っているから減っているだろう。発表できないほどだったら、中東に異変が起きれば、即座にアウトでしょう。
 どちらにしても物を見る前に物語を見る、習性がある、わが国のマスコミは及び新聞は読まないに限る。
 身の回りから判断する癖をつけることで、大多数の人々の頭の中は身の回りのそれと、テレビ用のそれを分けており、関係するところだけが結びついている。そのとき新聞の偽りの報道を基準にして行動するから、大事件となる。
 B型肝炎しかり、原爆症しかり、水俣病しかりである。それらはその事案そのものより、それに対する物語のほうが大きくなっている、ことは利権があるに過ぎない。ハンセン病もしかり。

 いずれにしてもことは百人斬りは今もあると見ることでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/179742/44026313

この記事へのトラックバック一覧です: 「百人斬り競争」事件について――論争は「ヤラセ」が証明された30年前に終わっていた:

« 「百人斬り競争」事件について――「百人斬り」新聞記事の真相 | トップページ | 「百人斬り競争」論争の現在と未来 »

twitter

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック