フォト

おすすめブログ・サイト

twitter

無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年5月

2020年5月 5日 (火)

日向神話の歴史的意義に関する一考察(3)

崇神天皇に祟った天照大神の「鏡」と大国主の「八坂瓊」
 こうして、伊波礼毘古が、長髄彦を打ち破り橿原の地に大和王権を樹立(301年)した後、綏靖天皇から開化天皇まで八代が続く。しかし、これらの天皇については、系図に関する記述の他、事跡らしいものがほとんど書かれておらず、それらは、天皇記の年代を過去に引き延ばすために挿入された架空天皇ではないかとする意見が根強い。
 宮崎氏の場合は、神武=崇神とし、橿原に大和王権の基礎を築くまでを神武、三輪への勢力拡大や四道将軍派遣をするまでを崇神とし、両者を「初国知らし天皇」として同一人物と見ている。しかし、その後の天皇の治世を、広開土王碑に記録された神宮皇后の新羅侵攻(391年)から逆算した場合、その間の4代の天皇の治世が長くなり過ぎるという難点がある。
 崇神天皇は、邇芸速日より磐余彦に献上された天照大神の「鏡」と大国主の倭大国魂(やまとおおくにたま)「八(や)坂(さ)瓊(かに)」の二神を宮中に祭った。しかし、疫病が流行ったり百姓が逃亡したりしたので、天皇は二神の神威(祟り)を畏れるようになり、宮中に祀っていた「鏡」と「八(や)坂(さ)瓊(かに)」(現在大和神社のご神体となっており、宮中の八尺瓊勾玉とは別)を宮中の外で祀ることにした。
 天照大神の「鏡」は、豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)に託して笠縫邑(かさぬいむら)(現在の檜原神社)に祀らせたが、その後宇陀、近江、美濃と周った末、最終的には、垂神天皇の時、皇女倭姫(やまとひめ)が伊勢に祀ることで落ち着いた。一方、倭大国魂(やまとおおくにみたま)は渟名城入姫命(ぬなきいりひめのみこと)に預けて祀らせたが、髪が落ち、体が痩せて祀ることができなかったので、太田田根子(おおたたねこ)(大物主の子孫)を探して三輪山に祀らせることで落ち着いた。
①ここで、崇神天皇が、邇芸速日より献上された天照大神の「鏡」と倭大国魂の「八坂瓊」の二神を宮中祀ったが、疫病等の後、この二神の神威を畏れるようになったのはなぜか。
 その理由は、実は、この両方とも邇芸速日(実際はその子の宇摩志麻遅命(うましまじのみこと))が自ら進んで献上したものではなく、大和王権への帰順の証として神武天皇に奪われたものだということ。邇芸速日の宗家はこの時断絶したらしく、また、倭大国魂の元の持ち主である大国主の宗家も、天照大神一族による「出雲の国譲り」際に断絶したとされる。
 この両者の形代が、宮中に祀られた二神であったわけだが、崇神天皇はこの時、この「鏡」(卑弥呼が魏の皇帝より下賜された長宜子孫銘のある鏡)のレプリカ(銘のない内行花文鏡)を作って宮中に祀り、本物の「鏡」は最終的には伊勢神宮に祀った。一方の「八坂瓊」は大物主=事代主(大国主の子)の神託を受けて、太田田根子に祀らせた。つまり、崇神天皇は二神の祟りを怖れ、それを鎮めるために必要な措置をとったのである。
②では、往事の大和王権(神武天皇から仲哀天皇までの狗奴国王統)にとって、「卑弥呼の鏡」を主題とする天照大神神話を取り入れることには、どんなメリットがあったか。
 このことについて宮崎氏は、「第一に仇敵の邪馬台国女王を実名で祀らなくても良い。第二に降伏させた邪馬台国末裔に対して、彼らの象徴である「日の化身」(=卑弥呼)を皇祖天照大神として王権が祀ることで慰撫できたからだという。
 また、後世、応神天皇が邪馬台国王統を再興したとき、なぜ、天照大神を「卑弥呼大御神」といったように卑弥呼に冠した「神」に名称変更しなかったか、については、卑弥呼を殺害したのは彼らの遠祖である。心情的に卑弥呼を再降臨させることはできなかったと思われる、としている。(『三角縁神獣鏡が映す大和王権』p184)

景行天皇の熊襲征討と小碓命の川上梟帥征討
 その後、景行天皇の時、熊襲征討がなされ、天皇は、熊襲が背いて貢ぎ物を差し出さなかったので、大分から日向に入り、高屋に行(あん)宮(ぐう)を建て住まいとし熊襲を平定した。高屋の宮に居ること6年、日向に美人の聞こえ高い御刀媛(みはかしひめ)を召して妃とした。妃は日向国造(くにのみやつこ)の始祖である豊国別(とよくにわけ)皇子を産んだ。この縁で後に応神天皇の妃となった日向国の諸県君の娘髪(かみ)長(なが)姫(ひめ)が出る。
 その後、景行天皇は、今の児湯郡である子湯県の丹(に)裳(も)小野で遊び、東方を望んで左右の者に言った。「この国はただちに日の出る方に向かっている」。それでこの国を日向(ひむか)と呼ぶようになったという。また、夷守(ひなもり)に至り、諸県君泉媛の接待を受けた。また、その後熊襲が再叛すると、小碓尊(おうすのみこと)を遣わして川上梟帥(たける)を討たせた。(日本書紀がこの両者の話を記す。古事記は後者のみ)
 小碓命は髪を結い衣装を着て、少女の姿で宴に忍び込み、宴たけなわの頃にまず兄建(たける)を斬り、続いて弟建に刃を突き立てた。誅伐された弟建は死に臨み、「西の国に我ら二人より強い者はいない。しかし大倭国には我ら二人より強い男がいた」と武勇を嘆賞し、自らを倭男具那(やまとおぐな)と名乗る小碓命に名を譲って倭建の号を献じたという。
①ここで、熊襲とは、児湯あるいは諸県以南ということになるが、このように日向が熊襲征伐の基地とされたのはなぜか。
②また、川上梟帥が小碓尊に「倭建の号を献じた」というのは、熊襲と天皇家の皇子との関係において疑問とされるがなぜか
①について、宮崎氏は次のように説明する。
 海幸彦が、山幸彦との宗家争いに負けた後どのようにして隼人族と関係を持ったかだが、旧南那珂郡(現日南市)北郷町に潮嶽(うしおたけ)神社がある。この神社は海幸彦を祀る唯一の神社で「海幸彦が、磐(いわ)船(ふね)に乗って此の地に逃れ、此の地をりっぱに治め、隼人族の祖となった」という伝承が残る。西方の谷間地区にある王塚古墳は海幸彦の陵墓と伝わる。
 この南那珂郡は「景行天皇の御世に隼人と同祖の初小(そお)平定」とあり、この初小は景行期にある「襲国(そこく)」であり児湯県より南の広域をさす。つまり南那珂郡に隼人の拠点があったと考えることができる。海幸彦はここで隼人の女と結婚して隼人族の魁師(ひとごのかみ)となり、その子孫が隼人の魁師となり、天武11年展覧相撲の褒美として阿多君(あたきみ)に叙任されたのだろう。
 一方、宗家争いに勝った山幸彦の孫(子?)である伊波礼毘古は、日本書紀では「日向国吾田邑で吾(あ)平(い)津(ら)媛(つ)を娶り、妃となす」とある。この吾平津媛は伊波礼毘古と御子の手研耳命(たぎしみみのみこと)が東征に出た後、日向に残った。また、海幸彦を「吾田君小(お)橋(ばし)等の本祖」としており、この小橋君一族は、父あるいは祖父の海幸彦の後を追って旧南那珂郡に移ったと思われる。
 旧南那珂郡吾田邑戸高(現日南市戸高)に、吾平津姫と手研耳命を祀る吾(あが)田(た)神社(伝和銅2年創建)があり、この神社の位置が「小橋」とされている。小橋一族はこの地域を故郷を偲んで吾田と呼んだ。吾田神社の西北丘陵に吾平津媛の御陵伝説地が在り、陵の遙拝地に、後世、吾田神社が建てられたのだろう。近くの油津には吾平津姫を祀る神社がある。
 このように、伊波礼毘古の東征後、「日向の地に残留した狗奴国や奴国の民は、さらに南の沖積平野部に進出して大いに人口を増やして栄えた。襲国の熊襲梟帥を討つために、景行天皇とその皇軍が児湯縣(児湯郡と西都市あたり)に高屋宮を建てて約6年にわたり滞在できたのも、地元住民に狗奴国の裔が多くいたためと思われる」。
②については、海幸の裔孫が隼人族の魁師として、「日向国曽於郡から川内平野に移住して熊襲梟帥(川上梟帥)となっていたこと。このことが「瓊瓊杵尊の天下り譚」として後世に伝わったのではないかと宮崎氏は言う。その一部の裔孫が薩摩半島南部にまで達し、瓊瓊杵尊との木花咲耶姫の話を伝えたのではないかという。
 このように、川上梟帥が海幸彦の裔孫であるとすることができれば、日本武尊条で謎とされる、「川上梟帥が日本童男(小碓命)に日本武尊(倭建)の尊号を奉る」理由が、明らかとなる。川上梟帥が海幸彦の裔であれば、小碓命は山幸彦の裔であるので、二人は対等か、考え方によっては川上梟帥の方が上位にあたるともいえる」からである。

神功皇后と竹内宿禰による邪馬台国王統の樹立
 成(せい)務(む)天皇は、景行天皇の第四子であるが、第二子の小碓命が若くして死んだため即位し、武内宿禰(たけうちすくね)を大臣とした。諸国に令して、行政区画として国郡(くにこおり)・県邑(あがたむら)を定め、それぞれに造長(みやっこおさ)・稲置(いなぎ)等を任命して、山河を隔(さかい)にして国県を分かち、阡陌(南北東西の道)に随って邑里(むら)を定め、地方行政機構の整備を図った。ここにおいて、人民は安住し、天下太平であったという。
 仲哀天皇は日本武尊の第2子である。母は活目(いくめ)天皇(垂仁天皇)の皇女・両道(ふたじり)入姫命。気長足姫(おkながたらしひめ)尊を皇后とした(=神功皇后)。仲哀天皇は、これより前に妃としていた従妹の大(おお)中(なか)津(つ)姫(ひめ)命との間に香(こう)坂(さか)皇子(のみこ)、忍熊皇子(おしくまのみこ)を得ていた。
 仲哀天皇は、再叛した熊襲を討つため皇后とともに筑紫に赴き、神懸りした皇后から託宣を受けた。それは「熊襲の痩せた国を攻めても意味はない、神に田と船を捧げて海を渡れば金銀財宝のある新羅を戦わずして得るだろう」という内容だった。しかし高い丘に登って大海を望んでも国など見えないため、この神は偽物ではないかと疑った。祖先のあらゆる神を祀っていたはずであり、未だ祀ってない神はいないはずでもあった。神は再度、皇后に神がかり「おまえは国を手に入れられず、妊娠した皇后が生む皇子が得るだろう」と託宣した。(wiki「仲哀天皇」要約)
①仲哀天皇は、「託宣」を無視して構わず熊襲を攻めたものの空しく敗走。翌年2月に急死し「神の怒りに触れた」とされた。熊襲の矢に当たったともされるが、「皇后への託宣」でもありその死は謎とされる。
②神功皇后は、仲哀天皇の遺志を継ぎ熊襲征伐を達成。その後、海を越えて新羅へ攻め込み百済、高麗をも服属させた(三韓征伐)。神功皇后は仲哀天皇の遺児である誉田別尊(ほむたわけのみこと)を出産。渡海の際は、「則ち石を取りて腰に挿みて」筑紫に帰ってきたとき生まれるようにと祈って出産を遅らせたというが、これも不思議な話。
 翌年、誉田別尊の異母兄である香坂皇子(かごさかのみこ)、忍熊皇子(おしくまのみこ)を退けて凱旋帰国。神功は皇太后摂政となり、誉田別尊を太子とした。誉田別尊が即位するまで政事を執り行い聖母(しょうも)とも呼ばれた。神功皇后は、明治時代までは一部史書で第15代天皇、初の女帝(女性天皇)とされていた(大正15に皇統譜より正式に歴代天皇から外された)。
①②の謎について、神宮皇后への託宣の審神者が竹内宿禰であり、託宣主は、天照大神荒魂、つまり三輪山の事代主神などの託宣であったこと。神宮皇后、竹内宿禰共に邪馬台国の邇芸速日の後裔であったことなど考え合わせると、神功皇后は、竹内宿禰と組んで狗奴国王統から邪馬台国王統への権力奪還を謀ったとも考えられる。生まれた子供(誉田別尊)が仲哀天皇の遺児であったかどうかは、その後の経過から見て疑わしいといわざるを得ない。

天武天皇の記紀編纂と隼人の関係
 「乙(いっ)巳(し)の変で中大兄皇子(天智天皇)は蘇我入鹿を暗殺する。 これに憤慨した蘇我蝦夷は大邸宅に火をかけ自害した。 この時に朝廷の歴史書を保管していた書庫までもが炎上する。 『天皇記』など数多くの歴史書はこの時に失われた・・・既に諸家の帝紀及本辭(旧辞)には虚実が加えられ始めていた。
 そのために『天皇記』や焼けて欠けてしまった「国記」に代わる『古事記』や『日本書紀』の編纂が、天智天皇の弟である天武天皇の命により行われた。まずは28歳の稗田阿礼の記憶と帝紀及本辭(旧辞)など数多くの文献を元に、『古事記』が編纂された。その後に、焼けて欠けた歴史書や朝廷の書庫以外に存在した歴史書や伝聞を元に、さらに『日本書紀』が(舎人親王等の手によって)編纂された。」 (wiki「日本書紀」)
 宮崎氏によれば、この『記紀』編纂を命じた天武天皇こそ、応神天皇以降天智天皇まで続いた邪馬台国王統を倒し、狗奴国王統を再興した狗奴国の後裔であるという。舎人親王は天武天皇の子である。通説では天武天皇は天智天皇の弟とされるが、宮崎氏によると、実はその始祖は、瓊瓊杵尊と共に日向に天下った天忍日(あめのおしひ)であるという。
 自らの出自を知った天武天皇は、『記紀』編纂において、狗奴国王統が日向から東征し大和王権を開いたという歴史的事実を後世に伝えるため、天照大神の出雲への天下りに瓊瓊杵尊の日向への天降りを接続し、天照大神の神勅「この豊(とよ)葦(あし)原(はら)水(みず)穂(ほ)国(ぐに)は、汝知らさむ国ぞと言依(ことよ)さしたまふ」)をもって天照大神に続く狗奴国王統の正統性を確立しようとした。
 また、天武天皇の治世時、多くの隼人が宮殿に来て貢ぎ物を奉ったり、隼人を宮殿に召して相撲を取らせたりしている。天武天皇は、隼人の魁師が海幸彦の後裔であることを知ってこれを優遇した。天武の死去に際しては隼人が「誄(しのびごと)」を奉ったという。その狗奴国王統はこの後第48代称徳天皇まで続き、次の光仁天皇から邪馬台国王統となり今日に続く。
①本郷和人氏によると、歴代天皇による伊勢神宮参拝は、実は、持統天皇の後、明治天皇直前の孝明天皇までの約千年間行われなかったという。
②また、天皇家の菩提寺である泉涌寺には、天武天皇から称徳天皇までの、宮崎氏がいうところの狗奴国王統の天皇の位牌は祀られていないという。この事実は一体何を物語るか。
①本郷氏は、この間の天皇は、神道より仏教をより篤く信仰していたことをその理由としているが、『記紀』編纂の過程で、「卑弥呼=天照大神」であり、卑弥呼は邪馬台国の人々に殺害されたが故に「日の化身=神」として祀られた事実が明らかになったことが、その本当の理由なのではないだろうか。
②また、仏教信仰が盛んになるのは大化の改新以降であるが、泉涌寺に位牌が置かれている最初の天皇は天智天皇である。その後、天武天皇以降称徳天皇まで七代の天皇の位牌がないということは、称徳天皇で天武天皇の血筋が断絶していることから、宮崎氏の「狗奴国王統vs邪馬台国王統論」の正しさを示しているように見える。、

おわりに
 宮崎氏の著作は『日向国の神々の聖跡巡礼』の他に、『三角縁神獣鏡が映す大和王権』、web版『狗奴国私考』、『女王卑弥呼が都した邪馬台国に至る』がある。これらを読み通すことは一般的には必ずしも容易ではないので、従来、「古事記」「日本書紀」で謎とされている点について、宮崎氏の説がどのような解答を示しているかを見ることにした。
 宮崎氏の説は、日本のアカデミズムが、歴史資料としてはほとんど無視する「記紀神話」について、可能な限り、その背後にある「歴史的事件」を、理系学者としての知識を駆使して読み取ろうとするものである。そこで基軸となった視点が、日本古代史を、委奴国を同祖とする狗奴国王統と邪馬台国王統の競合関係で見ることである。
 言うまでもなく、この視点は、宮崎氏固有の感性・理性に基づくもので仮説の一つに過ぎない。しかし、本稿で示したように、それは、従来の日本古代史をめぐる議論の中で、収拾がつかなくなっている『記紀』のもつ謎の数々について、トータルかつ合理的な解答を示している点で、唯一の論考ではないかと私は思う。
 日向神話における個々の物語は説話であって歴史ではない。当時の人々の「社会及び思想」を読み取るべき、というのはその通りだが、「天孫」と称する一団が九州北部の小国家群のせめぎ合いの中で日向にやってきて、何代か後に伊波礼毘古という英雄的人物に率いられて大和に王権を樹立したことは、以上の論考から、どうやら事実のように思われる。
 これは、私が延岡人であることとは別に、『記紀』に根ざす日本の天皇制の歴史をもっと明らかしたいという、長い間、日本人の比較文化論的研究に注力してきた者の願いでもある。戦後アカデミズムは、「日向神話」に関心をもたず、それをフィクションとする。その迷妄に果敢に挑戦し、日本古代史に光を当てたのが、理系学者、宮崎照雄氏ではないだろうか。
            おわり

日向神話の歴史的意義に関する一考察(2)

「記紀神話」における「天孫降臨」の謎
 こうした、宮崎氏の思い切った「記紀神話」解釈の妥当性については、これが、以下のような「記紀神話」をめぐる謎を、それがどれだけ合理的に説明できるかにかかっていると言える。
①なぜ出雲への天降りの話が、突然日向への天降りとなったか。
②なぜ僻遠の地日向への天降りとなったか。
③天降りに際して天照大神から渡されたはずの三種の神器の話が、降臨後の日向神話に出てこないのはなぜか。また、天降りに際して随伴した神々は誰か。
④天降りに際して原住民(猿田毘古(さるたひこ)や大山津見神(おおやまつみのかみ)、塩老翁(しおつちのおじ)=事勝国勝長狭(ことかつくにかつながさ)(紀))との争いはなく、むしろ迎えられているのはなぜか。
⑤降臨後に出てくる話は、男女関係、夫婦関係、兄弟関係など私的な話ばかりで、国作りなど公の話がないのはなぜか。
 これらの疑問が、アカデミズムにおいて日向神話をフィクションとする根拠になっているわけである。そして、瓊瓊杵尊の長男火照命(ほでりのみこと)(海幸彦)が、次(三?)男火遠理命(ほおりのみこと)(山幸彦)との後継争いに負けて後、古事記に「隼人阿多君(あたきみ)の祖」と注記されていることを以て、そうした作話の動機を「隼人の服属の起源を神話時代にさかのぼって示す」ためとしているのである。
 一方、宮崎氏は、これらの謎を解く鍵として、日向に天降りした一族は、天照大神(=邪馬台国系)の一族ではなく、素戔嗚尊(=狗奴国系)の一族であったとする。この天照系と狗奴国系は、委奴国から分立した同根の種族であるが、先述した通り、中国との外交関係をめぐって、分裂・融和・対立を繰り返した。
 その後、卑弥呼は、邪馬台国の女王に共立され、魏より「親魏倭王」に叙任され、そのためこの「同盟」に反対する狗奴国と戦争になった。時はあたかも中国史の三国時代であり、魏、呉、蜀が覇権を争っており、日本がいつその戦争に巻き込まれるか判らなかった。そこで魏(あるいは呉)の侵攻を怖れた狗奴国は、その王族の一部を、高千穂から日向へと避難させた、それが瓊瓊杵尊の「天孫降臨」であると。
 『記紀』が編纂されたのは、その後約500年後のことであるが、これは、日本が663年白村江(はくすきえ)の戦いに敗れ、唐・新羅連合の脅威に直面するという国家的危機の中で、日本国の独立と天皇家の統治の正統性を内外に示さんとしたものである。その際、従来の氏姓制度に代わる、天皇による律令的・中央集権的統治の正統性の根拠を、卑弥呼(日の巫女)以来の神祀りの伝統に求めることになった。
 これを実行に移したのが、狗奴国王統に属する天武天皇で、天皇は自らの祖先が日向から大和に東征し大和王権を樹立したことを知り、太陽神であり皇祖神とされる天照大神の出雲(葦原の中つ国)への天降りの話に、瓊瓊杵尊(=狗古智卑狗)の日向への「天降り」を接続した。これが①②の疑問に対する宮崎氏の答えである。
③については、当然のことながら、狗奴国人である瓊瓊杵尊は天照大神のレガリア(宝器)である三種の神器は継承していない。また、天孫降臨の時に随伴した神々で降臨後に顔を出すのは天宇受賣命(あめのうずめ)(猿女君)と、神武東征で活躍する天忍日(あめのおしひ)命(大伴連等の祖)や天津久米(あまつくめ)命(久米直等の祖)だけである。久米兵士は「黥利目(さけるとめ)」(いれずみ)をしていたというから安曇氏の一族かもしれない。
④⑤の謎については、実は狗奴国人の南方への移住は、倭国大乱以降始まっていて、日向への移住も、瓊瓊杵尊の「天降り」に先立って行われていたとする。瓊瓊杵尊は日向の高千穂之久士布流多気(くじふるたけ)に天降った後、「此地は韓国に向ひ、笠紗の御前(みさき)に真来(まき)通りて、朝日の直刺(たださ)す国、夕日の日照(ほて)る国なり。故、此地は甚吉(いとよ)き地(ところ)」(古事記)といった。
 ここで韓国は、日本書紀では空国(からくに)(一書第四)となっていて人口が少ないということ。その後、「笠紗の御前」に到ったが、この地には、大山津見(おおやまつみ)神や事勝国勝長狭(ことかつくにかつながさ)(塩土の老翁)らが先住していた。日本書紀では、事勝国勝長狭が瓊瓊杵尊に「国在りや」と問われ、長狭は「勅(みこと)の随(まにまに)に奉(まつ)らむ」(紀「神代下」第九段一書第四)と答えている。つまり、人口が少なく、土地争いがなく平和な土地だったということである。
 その後、日向神話は、海幸彦の山幸彦いじめ→山幸彦の綿(わた)津(つ)見(み)の神の宮訪問→豊(とよ)玉(たま)姫との結婚→故郷への帰還→海幸彦との宗家争い→山幸彦勝利し、海幸彦は山幸彦の守護人となることを約束→豊玉姫が鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)を出産→山幸彦と豊玉姫と離別→鵜草葺不合命と玉依(たまより)姫の結婚→五瀬命(いつせのみこと)、稲氷命(いなひのみこと)、御毛沼命(みけぬのみこと)、神倭伊波礼毘古(かむやまといわれびこ)の誕生→神武東征となる。(宮崎氏は鵜草葺不合命の存在を疑問視し、玉依姫と結婚したのは山幸彦と見る)

海幸彦と隼人の関係をめぐる謎
①まず、山幸彦の綿(わた)津(つ)見(み)の神の宮(海神宮)訪問という「おとぎ話」は何を意味するか、
②火照命(海幸)が古事記に「隼人阿多君(あたきみ)の祖」、日本書紀に「是隼人等が始祖なり」などと注記されているのはなぜか。
①についての宮崎氏の見解は、これは「おとぎ話」ではなく、日向の吾田(延岡)に瓊瓊杵尊が天降る前に先住していた狗奴国人の事勝国勝長狭(塩老翁)が、瓊瓊杵尊の宗家争いにおいて、山幸彦を後継者としてふさわしいと判断し、狗奴国の本貫である奴国(現在の福岡市付近にあったとされる)に留学させたものとする。
 この奴国は、金印「漢委奴国王」が福岡市志賀島から出土したことから判るように朝鮮や中国への航海を支えた海神族(安曇氏)をその一族としていた。安曇氏一族は山幸彦の出自を知ってこれを歓迎し、娘の豊玉姫と結婚させた。そして海神族ならではの天候や海況(津波の知識など)を読む力を教えて日向に「一尋和邇(ひとひろわに)」(小型船?)で帰した。(伊波礼毘古が神武東征の途中岡田宮に立ち寄ったのもそのため)
②海幸彦と山幸彦の宗家争いにおいて、『記紀』では、海幸彦は頑固で意地悪、一方、山幸彦は正直で優しい人物に描かれている。いじめられて泣く山幸彦に塩老翁が声をかけ綿津見神のもとに送り多くの知恵を学ばせた結果、山幸彦は海幸彦との宗家争いに勝利する。海幸彦は「弟の神(あや)しき徳有(いきおいま)すことを知りて、遂にその弟に伏事(したが)ふ」(紀「神代下」第十段一書第二)。
 その後、海幸彦は南に下り隼人と縁を結んだ。日本書紀には「火(ひ)酢(ず)芹(せり)命(みこと)(海幸彦)の苗裔、諸の隼人等、今に到るまでに天皇の宮墻(みかき)の傍(もと)を離れずして、代(よよ)に吠ゆる狗(いぬ)して奉事(つかえまつ)る者なり」(同上)とある。これは、「隼人等の祖先が海幸彦」という意味ではなく、「海幸彦が山幸彦との宗家争いに負けて南下し隼人と縁を結んだ」ということ。
 これらについてのアカデミズムの解釈は、「隼人の服属の起源を神話の時代に遡って示す」というものだが、隼人にしてみれば、こんな惨めな起源譚に満足できたであろうか。また、この話が「作り話」とすれば、いかに「次男の後継」を正当化するためとはいえ、熊襲と呼ばれ曰佐(通訳)が必要とされた隼人の祖を「天孫」(海幸彦)とするはずがない。
 つまり、この海幸彦の話は「作り話」ではないのである。天武天皇の治世時、多くの隼人が宮殿に来て貢ぎ物を奉ったり、宮殿に召されて相撲を取ったりしている。天武天皇は、隼人の魁師(ひとごのかみ)(首長)が海幸彦の後裔であることを知り、「阿多君」に叙すると共に、「記紀編纂」に際して、この事実を「事実として」神代の物語に記したのである。

伊波礼毘古の「神武東征」をめぐる謎
①古事記には「即ち日向(ひむか)より発たして」とあるのみ。日本書紀では「天皇、親ら諸の皇子(みこたち)・舟師(ふねいくさ)を帥(ひき)いて東に征(う)ちたまふ」とあるがどの港から出立したかは明かでない。鹿児島や宮崎にいくつかの伝承があるだけである。
②古事記では「豊国の宇狭をへて、筑紫の岡(おか)田宮(だのみや)に1年、安芸の多祁理宮(たけりのみや)に7年、吉備の高(たか)嶋(しまの)宮(みや)に8年、浪(なみ)早渡(はやのわたり)を経て青雲の白肩津に泊(は)てたまいき」とする。一方、日本書紀では経路は同じだが、「安芸にほぼ一ヶ月、吉備の高嶋宮に3年」(「狗奴国私考」)となっている。この両者の滞在期間の違いもさることながら、それぞれの寄留地で一体何をしていたのか判然としない。また、わざわざ逆行して岡田宮に入ったことも謎とされる。
①については、宮崎では美々津が有名だが、鹿児島では、瓊瓊杵尊が天孫降臨して過ごした笠狭を薩摩半島南部の加世田、「笠狭碕」を野間半島に比定し、神武東征の出発地を志布志湾岸としている。こうした治定の経緯は『日向神話の本舞台』に詳しい。鹿児島は明治以降、維新政府の威信を背景に、急速に「神蹟の我田引水的な付会」を行ったと宮崎氏はいう。(『日向国の神々の聖跡巡礼』p112)
 といっても、日向神話の神蹟の比定に、このように日向と薩摩とで齟齬が生じたのは、先述した古事記や日本書紀の注記の他に、古事記では瓊瓊杵尊の妃を「神阿多都比賣」(別名木花咲耶姫)などとしているためでもある。古事記より後に編纂された日本書紀では「神吾田津姫」とするなど「吾田」と「阿多」に表記上の混乱はない。
 宮崎氏は、吉田東伍(1964~1918)が「大日本地名辞書」で「吾田」は「阿多」の古語とし、吾田国(つまり阿多)は薩摩国の旧名称である」としていることについて、その根拠となったのは薩摩国風土記の「閼駝」を「吾田」としたためではないかという。また、古事記が「神阿多都姫」としたのはのは、「隼人阿多君(あたきみ)の祖」としていたためではないかと。
 ②については、紀には、神武天皇の述懐として、「我、東を征(う)ちしより茲に六年」という言葉があるが、この間、寄留地において、伊波礼毘古に先立ってこれらの地に東遷したと思われる勢力や、在地豪族との戦いは記録されておらず、その間、伊波礼毘古が兵力を増強することに成功したらしいことは、誠に不思議と言わざるを得ない。
 そのため、日向からの東遷を疑問視する向きも多い。仮に、日向からの「お船出」であったとしても大軍勢であったとは思われず、途中で船や武器・食料等を調達する必要があった。そのために、河内に上陸するまで長い月日を要したのであろうが、それにしても、この大事業を初心貫徹した伊波礼毘古なる人物のカリスマ性とはどのようなものであったろうか。
 なお、岡田宮に関門海峡を逆行して入ったことについては、伊波礼毘古は狗奴国人であり、その狗奴国は奴国より分立したものであって狗奴国の本貫である。従って、伊波礼毘古は、その東征に際して、奴国東方遠賀川河口の岡田宮(不弥国領域で邪馬台国東遷に従軍し空家化していた?)に立ち寄り、船軍や武器食料等を調達したとする。

隠された邇芸速日命等の天降り
 ところで、神武東征といえば「日向」であるが、『記紀』には、この他に、天照大神一族の葦原中国(出雲)への東征、さらには、それとは別の流れで、天照大神の孫にあたる「邇芸速日命」による畿内への天降りがある。
 その邇芸速日の畿内への天降りが出てくるのは、日本書紀に、伊波礼毘古の東征の動機として「東に美(よ)き地(くに)有り。青山四周(あおやまよもに)れり。其の中に亦、天磐船(あまのいはふね)に乗りて飛び降る者有り」と塩老翁に聞いた。その地は「大業(あまつひつぎ)を恢き弘(ひらきの)べるに十分な六合(くに)」の中心だと思った。その飛び降りる者は「是邇芸速日と謂うか」というところ。
 また、磐余彦と長髄彦の戦いの最終段階において、長髄彦が、「昔、天つ神の御子で邇芸速日が天降り、わが娘三炊屋姫(みかしやひめ)を娶って可美眞手命(うましまじのみこと)を生んだ。以て邇芸速日に仕えているが、天神の子が二種あるというなら、その証拠である天羽羽矢(あめのははや)や歩靫(かちゆき)を見せよ」といったところにも出てくる。
 これに対して磐余彦は、その証拠として長髄彦が示したものと同じ天羽羽矢や歩靫を見せるが、長髄彦は戦いを止めない。邇芸速日は、それを見て長髄彦を裏切って殺し、「天つ神の御子天降り坐(ま)しつと聞きしかば、追いて参降(まいりくだ)り来つ、とまおして、即ち天(あま)津(つ)瑞(しるし)を(磐余彦に)献(たてまつ)りて仕え奉(まつ)りき」といった。(古事記中巻)。
①では、なぜ『記紀』は、この邇芸速日の天降り(東征)にほとんど触れず、磐余彦の東征だけ詳細に記したのか。
②また、邇芸速日が、長髄彦の娘を嫁にもらい子供をなしておきながら、最終的に長髄彦を裏切ったのはなぜか。
①は言うまでもなく、磐余彦と邇芸速日が、王権をめぐって狗奴国王統vs邪馬台国王統のライバル関係にあり、『記紀』はあくまで磐余彦の立場で書かれたということであろう。しかし、このライバル関係は、畿内への「天孫族の天降り」という意味では敵対関係ではないとされていることが注目される。
②日本書紀には「邇芸速日命、本より天神慇懃(ねむごろに)したまわくは、唯天孫のみかといふことを知れり。且夫の長髄彦の稟性(ひととなり)愎(いすかし)恨(もと)りて、教うるに天人の際(あいだ)を以てすべからざることを見て、乃ち殺しつ。其の衆を帥(ひき)て帰順(まつろ)ふ。天皇、素より邇芸速日命は、是天より降れりということを聞しめせり。而して今果して忠効(ただしきまこと)を立つ。則ち褒めて寵(めぐ)みたまふ。此物部氏の遠祖(とおつおや)なり」(紀「神武天皇」)とある。
 つまり、邇芸速日は初めから、同じ天孫である磐余彦と手を組もうと思っていて、品性が劣り教え甲斐のない長髄彦を殺して磐余彦に帰順した。天皇(磐余彦)は邇芸速日も天孫であると聞き、今自分に忠孝を立てたところを見て褒めてやり褒美を与えた。こうして邇芸速日は物部氏の遠祖となった、ということ。要するに磐余彦は邇芸速日と同じ天孫であり、邇芸速日は日向から東征してきた磐余彦に自ら進んで帰順したと言うことを強調しているのである。

日向神話の歴史的意義に関する一考察(1)

はじめに
 日本という国の面白さは、日本神話の中で語られた神々の子孫とされるものが今もなお天皇(エンペラー)であり続けているということ。神話時代から二十世紀まで、新しい時代と併存し、日本文化の継続性を維持し続けてきたこと。そして、その天皇の正統性の根拠が、日本神話の天照大神の神勅に置かれているということである。
 それは、天壌無窮の神勅とされるもので、「葦原千五百秋(ちいほあき)の瑞穂(みつほ)の国は、是、吾が子孫の王たるべき地なり。爾皇孫(いましすめみま)、就(い)でまして治(しら)らせ。行矣(さきくませ)。宝祚(あまつひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、當(まさ)に天壌(あめつち)と窮(きわまり)り無(な)けむ。」(紀「神代下第九段」一書第一)というもの。この神勅が天孫降臨する瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に下されるところから日向神話が始まるのである。
 この即位の儀式の中でも、とりわけ大(だい)嘗(じょう)祭(さい)は、新たに「大嘗宮」と呼ばれる神殿を建設し、その中の「悠(ゆう)紀(き)殿(でん)」と「主(す)基(き)殿(でん)」において食事をするもので、その際「御衾(おふすま)」なる寝床で横に臥して、また起き上がる」いわゆる「真床追衾(まどこおうふすま)」という天皇家最大の秘儀とされる儀式が行われる。(wiki「大嘗祭」)
 この真床追衾は、民俗学者の折口信夫によれば、天孫降臨の際、瓊瓊杵尊がくるまっていた衾(ふすま)(「絹の布」を重ねた「寝座」で神が休む場所)のことで、つまり、御衾に寝る皇太子は、真床追衾に包まれた瓊瓊杵尊となり、天孫降臨を演じることによって、王権を継承し、新しい天皇として即位するというのが、大嘗祭の本質だという。
 本稿では、このような天皇の即位の儀式に見るような祭祀の伝統が、日向神話の冒頭天孫降臨の物語に由来しているという事実を直視する中で、この神話が一体どうして生まれたのか、それが天皇制とどう関わっているのか、そもそも、この物語の背後にはいかなる歴史的事実が隠されているのかを、宮崎照雄氏の説を紹介する中で考えて見たい。

『宮崎県史』の日向神話解釈
 まずはじめに、天皇家においてこのように重要視されている瓊瓊杵尊の天孫降臨の物語が、日本のアカデミズムにおいてどのように扱われているかを、『宮崎県史』の「日向神話」解説に見てみたい。
 『記紀』の「天孫降臨」は、「朝鮮から内陸アジアに広く分布している垂直降臨」であり「穀霊神の降臨」であろう。問題は、その降臨の地として、出雲や大和の外に、なぜ僻遠の「空国(からくに)」である日向への降臨がなされたかが問題となるが、「その最大の理由は、隼人の服属の起源を神話の時代に遡(さかのぼ)って示すことにあったと考えられる」(『宮崎県史』p107)
 そして、『記紀』の記述を見れば「日向への降臨の地として南九州を求めていたことは明らか」であるとして、西臼杵高千穂説ではなく霧島説をとる。理由は、「隼人の服属の起源を神話時代にさかのぼって示す」ためには、その降臨の地を、「政府の支配に服属している地である日向と隼人の地との境界に位置する峰」の霧島に降臨させる必要があったとする。(同上107)
 また、瓊瓊杵尊の降臨に際して、神器の継承が実際になされたかどうかや、随伴する神々の神名が諸書によりまちまちであることなどを指摘。さらに、ホノニニギの原型は幼童の姿で降臨する穀霊神であり、このように種族の祖神が天上から降臨する神話は朝鮮から内陸アジアにかけて広く分布するという。(同上p78~80)
 また、日向神話のコノハナサクヤヒメとイワナガヒメの結婚をめぐる説話は、東南アジアからニューギニアにかけて広く分布するバナナタイプの「死の起源神話」に含まれるとする比較神話学に基づく見解を紹介。コノハナサクヤヒメの火中出産の話も、民俗学の成果によれば、東南アジア一帯に広がるマザーロースティングと呼ばれる習俗との関係が深いという。(同上p85)
 また、海幸彦と山幸彦の争いについて、この説話には、次の三つのモチーフ、1.失われた釣り針、2.洪水、3.メリュジーヌ・モチーフ(トヨタマヒメが出産シーンを見られて怒る)があるが、その構成要素の分布は、東アジアから東南アジアなどに広く及んでいる。また、ヒコホホデミが海神宮を訪ねる話は、大嘗祭の祭儀神話として機能していた可能性があるとしている。(同上p93)
 また、日向三代の山稜については、「もともと神代三代は神話的存在であり実在しなかったわけであるから、神代山稜の所在地が不明であるのは当然のこと」(同上p105)。では何のためにこのような「日向神話」が創作されたかというと、次のような二つの重要な意義があったと考えられるとしている。
 「第一に、天皇権力がそれによって支えられている基盤をより確かにかつ広く生産社会の信仰の中に打ち立てること、すなわち始祖天皇である神武が高天原の主神アマテラスの後嗣としてその権威を受け継ぐだけでなく、山の神と海の神の血統を受け継いでその呪能を持つものとして出現することを説くこと。第二に隼人の服属の起源を説くことと考えられる。」
 「このように日向神話の中で隼人の服属の説話が後次的なものであることからすれば、神話の舞台として出てくる日向地方の伝承や信仰とは全く関係なく、神話の構成上の舞台として地名を借りただけに過ぎないとする見解は妥当であると考えられる。」(同上p106~107)

『日向神話の本舞台―宮崎県北編』の出版
 以上が『宮崎県史』の「日向神話」解説であるが、延岡では、宮崎照雄氏の『日向国の神々の聖跡巡礼』の出版を契機に、愛宕山がかって笠狭山と呼ばれていたことが新資料で裏付けられるなど注目を集めている。そこで、高千穂、延岡、日向の有志が集まり「日向神話研究会」を立ち上げ、その研究成果として、この度『日向神話の本舞台―宮崎県北編』が出版された。
 新資料というのは、『日向国御料発端其外旧記』(徳川幕府直轄地富高陣屋(現日向市)記録1858)で、その中に”皇孫(瓊瓊杵尊)ノ御遊行ハ・・・高千穂ニ御立玉ヒテ御橋ヲ渡リ早日ノ峯ヨリ吾田長屋笠狭ノ御碕(延岡城シタ)ニ至リ玉ウ・・・”という記述があること。これは幕府直轄地富高の史料であり、愛宕山が当時「笠狭ノ御碕」と呼ばれていたことを傍証するものといえる。
 また、この本には、高千穂町郷土資料『天孫の神跡地 大高千穂の全貌』(押方宏之著1940)とその付属資料「昭和15年2月の『東京朝日新聞』掲載記事「高千穂の聖跡に就いて」(三編)が紹介されている。ここでは、「日向の襲の高千穂の峰」の「襲」は「山岳重畳の地」の意であって、霧島山の「麓」を、曽於郡の「曽」とする誤りを指摘するなど「霧島高千穂説」に反論している。
 また、「美々津(日向市)の故事・伝承・聖蹟について」では、なぜ神武天皇が美々津を「お船出」に選んだかや、それにまつわる様々な故事伝承を紹介。「細島(日向市)に伝わる聖蹟について」では、細島の「米の山」が神武東征に従軍した「大久米命」にちなむことや、伊勢ヶ浜を挟んで立つ「櫛の山」は、瓊瓊杵尊が笠狭碕から「櫛の山」に至り、これより諸方を眺望したことなどが紹介されている。
 また、高千穂に関しては、伊波礼毘古の兄の御毛入野(みけいりぬ)命が東征の途中高千穂に帰還し鬼八(きはち)退治をしたこと。その子孫が三田井氏であること。特に面白いのは、神武天皇が東征後出雲系の伊須気余理比売(いすきよりひめ)を妃として生まれた長男の日子八井耳(ひこやいみみ)が、九州阿蘇地方に派遣され、日向・肥後の地を官し、その子孫が阿蘇宮川氏の祖となったこと。
 また、神武天皇の次男で神沼河耳(かみぬなかわみみ)命に皇位を譲った神八井耳(かみやいみみ)命の子が「建磐龍命(たけいわたつのみこと)」で、「九州の長官に就任した際、宮崎に立ち寄り、宮崎宮(宮崎市)の旧址に社殿を建てて祖父の神霊を祀ったのが宮崎神宮の始まりであり、その子孫が意富臣(おおのおみ)、大分君(おおきだのきみ)、阿(あ)蘇(そ)君(のきみ)となったことなどを紹介している。
 これらは、戦前盛んに行われた「高千穂論争」を継承するもので、先に紹介した『宮崎県史』の比較神話学解釈には触れていない。もちろん、それを無視することはできないが、その前に、とかく我田引水に陥りがちな日向神話の神々の「囲い込み現象」を、せめて高千穂、延岡、日向だけでも克服しようと一致したことが評価される。
 といっても、アカデミズムの世界では、先に紹介したように、日向神話の史実性は全く認められていない。では、紀元四世紀以前の日本古代史研究がどこまで進んでいるかというと、実は、未だ邪馬台国が畿内か北九州かも決着していないわけで、つまり、まだ何も判っていないのである。これを解く文献資料として『記紀』の研究をもっと進める必要があると思うのだが。

津田左右吉の「記紀神話」解釈
 そこで、こうした戦後アカデミズムの「記紀神話」の文献史学的解釈を基礎づけたとされる津田左右吉が、「記紀神話」に正統性の根拠を置く日本の天皇制を、どのように評価していたかを見てみたい。
 津田はまず、これらの神話は確かに「歴史的事件」の記録ではないが、それが生まれた時代の社会及び思想という「歴史的事実」を語っており、これを解明する必要があるという。では、「記紀神話」から読み取れる日本古代史の「歴史的事実」及びそれを生んだ歴史的背景はどのようなものか。要約すると次のようになる。
 「日本は島国であって他民族との闘争もなく、同じ人種、同じ言語を使うようになった。そうした生活の座を背景に様々な説話が生まれた。戦争の話が少ないのは平和だったからで、天皇家の国家統一も、戦争より何らかの文化的優位性をもって、他の政治的小勢力を服属していったことが判る。
 その文化的優位性とは、言うまでもなくシナ文化の伝播によるものだが、それは武力的征服によって押しつけられたものではなく、日本の土着文化と折り合いをつける中で徐々に浸透していった。このようにして、ゆるやかな文化的統合体としての日本が形成され、日本独自の天皇を中心とする統治体制を形成するに至った。」
 山本七平はこれを敷衍して次のようにいう。
 「この統治の基本的な形は、邪馬台国の卑弥呼(日の巫女とすれば)の祭祀形態にあり、いわゆる祭祀は卑弥呼が行うが、実際の政治は男弟が行うという祭祀と政治の二元制で、これを維持することが、卑弥呼死後も台与の擁立という形で守られ、律令制導入後も神祇官と太政官の並立という形で守られた。」(『日本人とは何か(上)』p130)
 こうした二元制は、平安時代においては摂関制、武士の時代においては幕府制、明治憲法下では解釈に混乱はあったものの立憲君主制、日本国憲法下では象徴天皇制という形で継続している。津田左右吉自身も、こうした皇室の伝統的な有り様は「民主主義とも調和するものであり、国民統合の生きた象徴である」として次のように主張している。
 「この二元制下における天皇の有り様は、決して祀られる対象としてではなく、あくまで、その即位の時に執り行われる大嘗祭の儀に象徴されるような「新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念するものである。」(「建国の事情と万世一系の思想」)
 こうした天皇の基本的有り様は、神祇官が太政官に上位する形で養老律令(718年)に規定された。唐の律令制には神祇官はなく、皇帝の下に三省(中書省、尚書省、文科省)があるだけである。折しも、712年には古事記、720年には日本書紀が編纂され、こうした日本独自の統治体制が「記紀神話」にその正統性をおく形で規定された。(上掲書p106) 
 こうした見方は、「記紀神話」に史実性を求めるものではないが、さりとて、その全てを「後世の作り話」とはしない。津田自身は、大和朝廷は豊沃な後背地を持つ大和に起こったとし、日向への天孫降臨や神武東征を認めていないが、一方で、「この頃の日本は不明な点が多く、今後の研究の成果を待たねばならないだろう」と言っている。

理系学者宮崎照雄氏の「記紀神話」の研究手法
 折しも、延岡では、先に紹介した『日向神話の本舞台』が発刊され、その論考の主要な部分で、三重大学名誉教授宮崎照雄氏の『日向国の神々の聖跡巡礼』の見解が紹介された。氏は、魚の病理学を専門とする理系学者で、日本古代史研究の専門家ではないが、中朝の史料と併せて「記紀神話」を読み解くことで、独自の日本古代史論を展開している。
 宮崎氏は、『記紀』の神話伝説を『非科学的』・『渡来説話のパクリ』とするのは、日本の文系学者が、理系科学(動物学・植物学・医学・生理学・科学・地学・地理学)の知識に乏しいことにより、「記紀神話」が正しく理解できず、上古の人が「古代の史実として信じた」神話や伝説を、「後世の奈良時代の舎人の作り話」としたためという。
 また、理系学者の研究においては、独創性が重要で、多数の先学の論文を読むが、その目的は自分の研究対象を先学がすでに研究しているか否かを確認するためである。従って、研究の過程ではオリジナルの史料のみを参照し、それをもとに、日本古代史の謎を解く「合理的ストーリー」を論考し、オリジナル論文に仕上げるという。
 さらにもう一つの特徴は、「歴史を作ったのは『人の情念』である」という考え方である。従って、そのようにして自説を駆使して生まれた「合理的ストーリー」は、「人の息吹が感じられるストーリー」でなければならないという。私自身、そうした「古代に生きる人々の息吹」に触れることで、日本古代史への興味を新たにすることができた。

宮崎照雄氏の独創的な「記紀神話」の謎解き
 まず、『記紀』の「神代」に記された物語をどう見るかだが、宮崎氏はそれを、猿女君や語部(出雲神話)が「舞と誦」によって語り継いてきた「伝承」であり、「乙巳の変で帝紀や旧辞など史書が火災で灰燼に帰した後も、八世紀初頭に『記紀』が編纂できたのは、「人の脳」という「記録媒体」があったおかげである」という。
 そうした「伝承」や残された記録を整理して、天武天皇の時代に稗田阿礼に誦習させた。それを元明天皇の時代に太安万侶に撰録させたものが古事記。その後、漢文を用いて本格的な国史として編纂されたものが日本書紀である。宮崎氏は、これらの記述は「一部改竄も含むが、『歴史の捏造』があったとは思わない。日本人は日本歴史を正当に伝えている」という。(『狗奴国私考』「飛鳥浄御原宮での天武天皇」(4)『日本書紀』編纂」)
 日本古代史には「謎の4世紀」という言葉があるが、先に言及したように、実際には未だ邪馬台国の位置も判っていないわけで、4世紀以前は謎というべきである。宮崎氏はこの間の歴史を、魚の病理学研究の画像診断を生かした「鏡・銅鐸・銅矛」の研究をベースに、中朝の史書や『記紀』を徹底的に読み込み、次のような、古代から『記紀』編纂に至るまでの歴史の「合理的ストーリー」を展開している。(以下、宮崎氏の諸著作を参照)
 伊耶那伎と伊耶那美による国生みから実際の国造りが始まるのは、伊耶那伎の禊ぎによる三貴子(天照・月読(つくよみ)・須佐之男)の誕生と分知(役割分担)からである。その後、天照大神と須佐之男命の誓約(うけい)による三女子と五男子の誕生→須佐之男命の乱暴→天照大神の石屋戸こもり→高天原の「祅(わざわい)」→天照の再臨による「祅」の終息と続く。
 この間の歴史を、宮崎氏は、紀元57年の「漢(かんの)委(いな)奴(こく)国王(おう)」の委奴(いな)国を起点に、伊都国と奴国の分裂→伊都国優位→107年伊都国が後漢に生口160人を献上→奴国の一部が狗奴国を分立し南方に移住→180年頃「倭国大乱→188年邪馬台国連合が卑弥呼共立→239年卑弥呼が「親魏倭王」の印綬受ける(=魏と同盟)→狗奴国と邪馬台国の戦争→247年邪馬台国敗れ卑弥呼死(殺害?)→248年邪馬台国男王立つも治まらず台与を擁立し混乱終熄」と見る。
 その後、『記紀』の物語は、素戔嗚尊の出雲追放に始まる出雲神話となり、大国主の出雲国作り(日本書紀は詳述せず)→天照大神(天孫)への「出雲の国譲り」となる。ところが、いよいよ天孫の「葦原中つ国」への天下りとなると、なんと、その天下り先は、出雲ではなく突然日向高千穂となる。ここから「日向神話」の、次のような多くの謎をはらむ物語が始まるのである。
 まず、注意すべきは、宮崎氏は「漢委奴国王」を「漢の倭(わ)の奴の国王」ではなく、あくまで「漢の委奴(いな)国王」としていることである。その委奴国が中国との外交関係をめぐって伊都国と奴国に分裂→伊都国優位の中でさらに奴国から狗奴国が分立し南方(熊本の菊池川流域の玉名、山鹿、菊池郡など)に移住。一部は高千穂を経て日向にも住んだとする。
 その後、倭国の緊張関係はさらに高まり倭国大乱となった。『記紀』では、この辺り天照大神と素戔嗚尊の愛憎入り交じった関係や、誓約(うけい)による三女子、五男子の誕生などを記している。宮崎氏は、この間に、伊都国と狗奴国の卑弥呼と卑弥弓子の縁組みによる融和や、邪馬台国連合の編成と卑弥呼共立、狗奴国と邪馬台国の対立激化(卑弥呼と卑弥弓呼の離別)があったとする。

« 2019年8月 | トップページ | 2020年8月 »

Twitter

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック