フォト

おすすめブログ・サイト

twitter

無料ブログはココログ

« 「国民統合の象徴」として求められる天皇及び皇室の姿 | トップページ | オリンピック「無観客」は世界からどう評価されるだろうか? »

2021年7月 9日 (金)

オリンピック無観客という結果について思うこと

これでオリンピックを日本に招致した意味はなくなった。この招致のために払った多大な努力、そしてお金が結局無駄になったわけだが、招致した責任はあるから、無観客であってもアスリートが全力で競技に臨めるよう、大会関係者には頑張って欲しい。

 

 それにしても、今回のコロナウイルスという一種の自然災害、それも一過性で終わらない災害への対応で日本人が示したヒステリー症状は、かってイザヤ・ベンダサンが示した「天秤の論理」の仮説としての有効性をまざまざと立証するものだった。

 

 「天秤の論理」の欠陥は、事実認識を争う前に、政治的効果を狙った建前論が横行し、冷静な議論が出来なくなり、有効な対策が採られぬまま破局を迎えるということである。今回の無観客は、オリンピック招致の第一段階の破局といえる。

 

 では、ここに到った過程を検証してみよう。

 

1,コロナ感染防止対策で最初に議論となったのは、ウイルスのPCR検査の有効性に関する議論だろう。これについては、むやみに検査数を増やしたからといって感染防止には役立たないことがはっきりしたと思う(毎日検査しても感染は防げない)。結局、ワクチン接種がその切り札となったわけで、ここまでは、日本の医師界は間違っていなかったと思う。間違った人は”間違った”というべきだが、その廉恥心は彼らにははじめからない。

 

2,次に問題となったのは、感染拡大による医療崩壊の議論である。これについては日本は欧米に比べて感染者も少なくベット数も多いのに、なぜ、医療崩壊するかという疑問が出された。答えは、民間病院が多くコロナ治療に参加する病院が少なかったということ。要するにこれを統括する日本医師会が身内の利益擁護を優先し、指導力を発揮できなかったということである。

 

3,そしてこのことが、コロナ対策の切り札となるワクチン接種の遅延に結びついた。政府はすでに9,000万回分のワクチンを地方に配布したといっているが、未だに、4,000万回分が使われていないともいう。
 私の場合、地方自治体の予約システムでは第一回が7月11日だったが、随時接種する病院があったのでそこで一月早く接種し二回目も7月2日に完了した。
 なぜ、随時接種する病院があるのに他では出来ないのか、不思議という外はない。これが、政府が大規模接種や職域接種に乗り出した理由だが、これによって接種スピードは100万回を超えたが、ワクチン配布に過不足が生じることになった。これが非難されるが、この問題の諸悪の根源が医師会であることに変わりはない。

 

4,この医師会につながっているのが、厚生省の医療技官をはじめとする、いわゆる今回にコロナ対策で専門家と称するグループである。このグループの提言を受けて政府が最終的なコロナ対策の政策を打っていったわけだが、ここが、オリンピック開催について終始否定的なメッセージを出し続けたことに疑問を感じざるを得ない。
 なんとなれば、オリンピック1年延期はIOCとの関係ですでに決まっていることであって、医学界はこの成功に向けて医療専門家チームとして最善を尽くすべきだった。ベット数確保然り、ワクチン接種加速化然りである。それをせず、自らの業界の利益を優先し、それを守るため国策であるオリンピックの開催を批判する医師のなんと多かったことか。

 

5,こうした日本の医師界の言動に力を得て反政府運動を繰り広げたのが、左翼言論人とマスコミだった。左翼言論人の目的は、はじめから倒閣を目的とするプロパガンダだからはっきりしてるが、問題はマスコミで、これが上記の「天秤の論理」で現実無視の「べき論」をまき散らしたため、これが都議会議員選挙に反映し、「緑のたぬき知事」の「たぬき寝入り」の成功をもたらすことになった。

 

6.これに対する政府の対応も、安倍首相も、最初の第一波の時の学校まで一斉休校させた措置――これは橋下徹氏の提言によるもの、氏は知らんふりしてる――をはじめ、アベノマスクの配布、10万円一律給付も、これはマイナンバーが有効に使えない所為でもあるが、無駄感・不公平感満載で、これが安倍退陣の一つのきっかけとなったことは間違いない。

 

7,代わった菅氏はどうかというと、実務型の政治家であるからやむを得ないわけであるが、危機における政治家としてのメッセージ発出力の貧相さは覆いがたい。あえて弁護すれば、先述した日本医師会の非協力ぶりが第一原因であることは間違いなく、これを動かすため札束で頬をたたく奨励策を採ったが、これも「金権政治」の印象を否めない。

 

8,では、この後のコロナ対策の方向性はどのように見定めるべきだろうか。いうまでもなく、それは、重症化率や死亡率をインフルエンザなみに下げることで社会・経済活動との共存を図ることである。
 今までは、非常事態宣言を繰り返し発出して人流を抑えることで対処してきたが、併行して、山梨がやったような、飲食店を中心とする感染防止対策を徹底して行うべきではなかったか。そのための資金補助をすることの方が、小さなスナックに1日6万もの金を出すよりはるかに安上がりだったと思う。
 それから、大規模な感染者病棟をプレハブで急造し、医師会に依存しないコロナ治療体制を構築すべきであったということ。感染者が少なくなれば、そこをそのままワクチン接種会場に転用できたはずである。

 

9.結果的には、こうした臨機応変の危機対応が出来なかった政府に責任があるといえるが、これが”オリンピック無観客”という冒頭の破滅的結末を招いたことで、菅政権の退陣はこれできまり。問題はその後だが、まさか、これが”民主党政権”誕生の悲劇を繰り返すことにはならないだろう。

 

10,思えば、猪瀬都知事を追い出した都議会自民党の失敗に始まり、桝添、そして小池という最悪の権力欲の塊「緑のたぬき」都知事の誕生となったが、民主主義社会であるから都民の「自業自得」という外はない。
 それにしても、今回の”オリンピック無観客”という事態が、今後日本人の心理にいかなるダメージを与えるか、国際社会からの評価がどうなるかによると思うが、外国の大会関係者だけが観戦し、放映権料を外国が独り占めし、日本は指をくわえて眺めざるを得ないという現実の中で、どれだけ日本人が”武士は食わねど高楊枝”のプライドを示せるか、見物だと思っている。

 

 

« 「国民統合の象徴」として求められる天皇及び皇室の姿 | トップページ | オリンピック「無観客」は世界からどう評価されるだろうか? »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「国民統合の象徴」として求められる天皇及び皇室の姿 | トップページ | オリンピック「無観客」は世界からどう評価されるだろうか? »

Twitter

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック