フォト

おすすめブログ・サイト

twitter

無料ブログはココログ

« 夏の甲子園無観客、朝日新聞の自業自得 | トップページ | 「なぜ、東京五輪に反対するか」遠藤誉氏の見解について考える »

2021年7月23日 (金)

橋本聖子東京オリパラ組織委員会会長への応援メッセージになれば・・・

 今日はオリンピックの開会式である。コロナパンデミックの最中でのオリンピック開催となったが、開催の可否を巡って国論が割れ、かつ、開会式の演出に関わった主要スタッフの過去の言動等が問題とされ辞任や解任を迫られるなど、異様な雰囲気の中での開催となった。

 なんとか、火事場の底力で、危機を乗り越えて欲しいと願う外なく、運営に携わるスタッフ一同の奮闘に期待したいと思う。開会式前に始まったソフトボールやサッカーの試合の選手達の頑張りを見て欲しい。ものすごい重圧の中でベストを尽くしている。

 森前組織委員会会長の辞任を受けて会長となった、橋本聖子氏の心労は大変なものだと思うが、日本のため頑張って欲しい。コロナウイルスは自然災害である。日本は幾多の自然災害に耐えて生き延びてきた。乗り越えられないはずはない。

 考えて欲しい。コロナによる死者はワクチンのおかげで極小に抑えられている。感染自体はウイルスの感染力が強くなれば増えるだろうが、治療できれば免疫も獲得できるわけで、パニックに陥る必要はない。問題はそのための医療体制を確立することで、それで、
このコロナパンデミックは克服できると確信することである。
 
 そのための努力は、日本だけではなく世界各国で取り組まれている。ワクチン開発がわずか2年で出来たのはほとんど奇跡といわれるが、私達は、この科学的成果に感謝すると共に、感染症という自然災害の脅威に備える心の平静さを持たなければならない。

 私は、今回の東京オリンピックを通じて知ることとなった「日本人の脆弱さ」は、日本人が、今後、国際社会の中で生きていく上での得がたい教訓になると思う。隣国の言動を見て欲しい。虚偽・侮辱・恫喝も平気。恐るべき精神の貧困ではないか。

 日本人も、近頃、きれい事ばかりで自分を棚に上げ、他を批判する卑怯者がイナゴのように増えたが、それでも、ウソや無礼やいじめを良しとしない基本的倫理観は心底に堅持されている。そのことに誇りを持ち、かってのサムライ魂を呼び覚ましたいものだ。    

« 夏の甲子園無観客、朝日新聞の自業自得 | トップページ | 「なぜ、東京五輪に反対するか」遠藤誉氏の見解について考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の甲子園無観客、朝日新聞の自業自得 | トップページ | 「なぜ、東京五輪に反対するか」遠藤誉氏の見解について考える »

Twitter

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック